<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クールジャパン発信強化へ 民間主導へ転換の新戦略 | main | 根本厚労相 障害者就労に必要な介助への支援を検討 >>
猛烈な暑さ この先1週間程度も続く見込み 熱中症に警戒

 29日梅雨明けが発表された関東甲信など、北日本から西日本の広い範囲で最高気温が35度以上の猛暑日となり、37度に達したところもあるなどことし1番の暑さとなりました。

 30日も各地で猛暑日が予想されるなどこの先1週間程度も猛烈な暑さが続く見込みで、熱中症に警戒してください。

 29日は北日本から西日本の広い範囲で高気圧に覆われて晴れ、気象庁は、午前11時、「関東甲信が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

 各地で気温が上がり、日中の最高気温は、

岐阜県揖斐川町で37度2分、

岩手県釜石市で37度ちょうど、

兵庫県豊岡市で36度6分、

京都市で36度5分、

埼玉県熊谷市で36度2分、

名古屋市で35度3分など

全国70の観測点で猛暑日となったほか、東京の都心でも33度7分まで上がり、各地でことし1番の暑さとなりました。

 30日も気温が上がり、日中の最高気温は、

大分県日田市で36度、

さいたま市や福島市、名古屋市、京都市、岡山市で35度と猛暑日が予想されているほか、

東京の都心で34度と予想されています。

 さらに、この先1週間程度も広い範囲で猛烈な暑さが続く見込みです。

 各地で梅雨明けし、このところ急に気温が上がっていますが、まだ体が暑さに慣れておらず熱中症になりやすい時期です。

 こまめに水分を補給し冷房を適切に使うなど熱中症に警戒してください。

 一方、気温の上昇と湿った空気の影響で北日本から西日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達しています。

 午後5時半までの1時間には、群馬県伊勢崎市で62ミリの非常に激しい雨を観測しました。

 大気の不安定な状態は今夜遅くにかけて続く見込みで局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水のほか落雷、突風など天気の急変に十分な注意が必要です。
| 環境とまちづくり | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090820