<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NY市場 雇用統計「良すぎ」で値下がり | main | レスリング 伊調と川井 きょう決定戦 五輪への大一番 >>
「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産の登録 きょう午後決定へ

 ユネスコの世界遺産委員会は、新たな世界遺産を決める会議を日本時間の6日午後再開し、この中で、大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産としての登録が正式に決まる見通しです。

 新たな世界遺産を決めるユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会の会議は5日、アゼルバイジャンの首都バクーで始まり、初日は8件の審議が終わりました。

 3日間の会議では、各国が推薦する合わせて35件について、新たに世界遺産として登録するか審議することになっていて、日本は全体の15番目となっています。

 2日目の審議は日本時間の午後3時から午後11時までの予定で、大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」は6日の会議で世界文化遺産としての登録が正式に決まる見通しです。

 「百舌鳥・古市古墳群」は、大阪府の堺市と、羽曳野市・藤井寺市にまたがる、4世紀後半から5世紀後半ごろに造られた、合わせて49基の古墳からなります。

 中には、宮内庁が「仁徳天皇陵」として管理し、「大山古墳」とも呼ばれる国内最大の前方後円墳も含まれています。

 現地には大阪府の吉村知事などが訪れ、審議の様子を見守ることにしています。
| 環境とまちづくり | 04:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090743