<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< JRと私鉄各社 消費税率引き上げ後の新運賃 認可を申請 | main | NY市場 雇用統計「良すぎ」で値下がり >>
中3男子転落死 担任がいじめのメモをシュレッダー廃棄

 3日、岐阜市の中学3年の男子生徒がマンションから転落して死亡したことについて、岐阜市教育委員会は生徒が暴力を受けたり金銭を要求されたりしたという複数の情報が寄せられていることを明らかにしました。

 男子生徒の担任はいじめの内容が書かれたクラスメートからのメモをシュレッダーで処理していたとみられ、教育委員会は謝罪しました。

 3日、岐阜市のマンションの駐車場で中学3年の男子生徒が転落しているのが見つかり、死亡した問題では男子生徒の自宅からいじめを示唆する書き置きが見つかっています。

 これについて岐阜市教育委員会は5日午後、記者会見を開き、男子生徒が暴力を受けていたことやトイレで土下座させられていたこと、それに金銭の要求を受けていたなどという情報が4日と5日の2日間で10数人の生徒から寄せられていることを明らかにしました。

 また、男子生徒が亡くなる1か月ほど前にクラスメートが担任に渡していたメモには、2人の同級生から嫌いな給食を皿に置かれたり物を隠されたりしたことが書かれていました。

 さらに、メモには男子生徒が「嫌だからやめて欲しい」と心境を話していたことや、「心配なので私も一緒に戦います。先生、力を貸してください」というクラスメートの思いも書かれていました。

 これに対し担任は、同級生2人から話を聞いたり、男子生徒が「大丈夫」と言ったりしたため解決したと思い、メモをシュレッダーで処理していたとみられるということです。

 担任と学年主任や校長などの管理職との間で情報は共有されていなかったということです。

 岐阜市の早川三根夫教育長は、「子どもの悲しみや苦しみに寄り添っておらず、いたたまれない。いじめがあったと認識を持ち原因の追及に当たります。亡くなった生徒や家族の方には大変申し訳なく、おわびします」と謝罪しました。

◇校長「情報共有で防げた可能性」
 男子生徒が通っていた中学校の校長は記者会見で、「いじめへの認識が低かったことは大変残念で、情報共有の態勢に甘さがあったと痛感している。生徒からの訴えが共有されていれば防げた可能性が高いと思う」と話しました。
| 事件・事故 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090741