<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< IWCを脱退 商業捕鯨再開へ | main | 堀江氏が警鐘、すぐやめた方が良い事 >>
トランプ大統領「とてもいい気分」 キム委員長「過去を清算」
 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は30日、南北軍事境界線がある板門店で対面し、トランプ氏は北朝鮮側に越境しました。

 米朝首脳が顔を合わせるのは昨年6月のシンガポール、今年2月のハノイでの会談に続き3回目です。ハノイ会談決裂後、膠着したままの非核化交渉の再開につながるかどうかが焦点です。北朝鮮側に足を踏み入れたのは、現職の米大統領としては初めてです。

 対面に先立ち、トランプ氏は韓国の文在寅大統領と共に軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)を視察し、金氏との対面については「正しい方向への一歩」になり得ると述べていました。

 パンムンジョム(板門店)を訪れているアメリカのトランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の姿を確認すると、ゆっくりと軍事境界線の方向に向かって歩いてきました。

 そして、お互い握手をし、午後3時45分ごろ、トランプ大統領は軍事境界線を越えて北朝鮮側に入り、キム委員長と改めて固く握手しました。

 そして、両首脳は韓国側へと歩いて移動し、笑顔で会話を交わしました。

◇トランプ大統領「とてもいい気分だ」
 南北を隔てるパンムンジョムを訪れているトランプ大統領はキム委員長と面会した際、「すばらしい瞬間だ。とてもいい気分だ」と述べました。

◇トランプ大統領「軍事境界線越え とても光栄」
 そして、トランプ大統領は「きょうここに来ると伝えて、このように会えた。軍事境界線を越えることができたことは、とても光栄だ。多くのことが進展している。友情もはぐくむことができた。短時間での呼びかけに応じてくれてありがとう」と述べました。

◇キム委員長 トランプ氏と共に南側に入る
 キム委員長はトランプ大統領と北朝鮮側でことばを交わしたあと、ともに軍事境界線を越えて韓国側に入りました。

◇キム委員長「過去を清算し よい出会いを維持」
 キム委員長はトランプ大統領との面会で、「過去を清算し、これからよい出会いを維持しよう」と述べました。

◇キム委員長「わが国に足踏み入れた初の米大統領」
 キム委員長はトランプ大統領に、「あなたは史上初めてわが国に足を踏み入れたアメリカの大統領です。この行動は、単に足を踏み入れたことにとどまらず、よくない過去を清算したことになります」と述べました。
| 政策 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090729