<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 参院選の投票「必ず行く」49% NHK世論調査 | main | 旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」発見 フィリピン沖の海底で >>
「再生ペットボトル」へ切り替えの動き広がる 飲料メーカー

 G20大阪サミットでは、プラスチックごみの削減が主要なテーマの1つとなりましたが、世界全体で取り組みを進めようという機運が高まる中、国内の飲料メーカーの間では、使用済みのペットボトルをリサイクルした「再生ペットボトル」を商品に使う動きが広がっています。

 このうち、「伊藤園」は、6月から主力の525ミリリットルと600ミリリットルの緑茶飲料について、使用済みのペットボトルを100%リサイクルして作り替えた「再生ペットボトル」に順次切り替えます。

 そして、2030年をめどに大型と小型のボトルを含めたすべての緑茶飲料について、「再生ペットボトル」に切り替えるとしています。

 また、「キリン」は、6月からカフェインを含まない緑茶飲料の容器を「再生ペットボトル」に切り替えました。

 キリンによりますと、年間に使用するペットボトルおよそ7万トンのうち、「再生ペットボトル」は2%程度にとどまるということで今後、2027年までにこの割合を50%に高める計画です。

 キリンホールディングスCSV戦略部の是安亘さんは、「再生ペットボトルの使用を広げるだけでなく、業界全体でもリサイクルなどの取り組みを進めていきたい」と話しています。

 このほか、コカ・コーラやサントリーなども「再生ペットボトル」の使用を増やすとしていて、新たなプラスチックごみを生み出さない循環モデルを築けるか注目されます。
| 環境とまちづくり | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090728