<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 海洋プラごみ ゼロ目指し具体化へ 日本支援策まとまる | main | IWCを脱退 商業捕鯨再開へ >>
フランスで45度9分を記録 ヨーロッパで記録的暑さ 死者も
 ヨーロッパでは記録的な暑さが続き、死亡する人も出る事態となっていて、各国の政府は屋外での活動を控えるなどの注意を呼びかけています。

 ヨーロッパではアフリカのサハラ砂漠から熱い空気が流れ込み、6月にもかかわらず各地で厳しい暑さが続いています。

 地元メディアによりますと、この影響で、28日までにイタリアのミラノで72歳の男性が死亡したほかスペインでも男性2人が死亡し、北東部カタルーニャ州では山火事で6000ヘクタールが焼けました。

 また、フランスでは28日、南部ガール県で気温が45度9分に達し、国内の観測史上最高を16年ぶりに更新したほか、パリでも34度と6月の平年値を10度以上上回り臨時の給水所で水をくんだり水浴びをしたりする人の姿が見られました。

 パリでは高齢者の家を訪ねて安否を確認する取り組みも始まり、ボランティアが水分を十分に補給するようアドバイスしていました。

 88歳の1人暮らしの女性は、「長年パリに住んでいますが、こんなに蒸し暑いのは耐えられません」と話していました。

 西ヨーロッパの広い範囲では今週末まで厳しい暑さが続く見通しで、各国の政府や自治体は屋外での活動を控えるなどの注意を呼びかけています。

◇専門家「気候変動が起きている」
 ヨーロッパの記録的な暑さについて、ドイツにあるポツダム気候影響研究所のフレッド・ハタマン氏は、「明らかに気候変動が起きている。今回の熱波は、われわれが気候変動として考えていることにすべて当てはまる」としています。

 具体的には、サハラ砂漠からヨーロッパに来る空気が以前より熱くなっているほか、北極の気温の上昇などによって気流が弱まり、ヨーロッパに熱い空気が停滞しやすくなっていると分析しています。

 ハタマン氏は、「今後、気温はさらに上昇し、極端な気象現象も増えるだろう」としたうえで、「残されている時間は多くない。この10年のうちに適切な対応をとらなければ、地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定の目標を達成することは非常に難しくなる」と述べ、国際社会が早急に温暖化対策を強化する必要があると指摘しました。

◇世界気象機関も警鐘
 ヨーロッパの記録的な暑さについて、WMO(世界気象機関)も、2015年以降の世界の平均気温が過去最も高くなっているとして気候変動が影響しているという見方を示しました。

 これは国連のデュジャリック報道官が、28日の定例会見で、WMOの担当者の話として紹介しました。

 それによりますと、WMOは、二酸化炭素などの温室効果ガスの増加が氷河の減少や海面と海水温の上昇を加速し、異常気象の原因になっているとして、温暖化のリスクに警鐘を鳴らしています。

 国連は温暖化対策について国際社会の行動を促すため、今月30日から2日間、UAE(アラブ首長国連邦)の首都アブダビでグテーレス事務総長や各国の閣僚による国際会議を開き、政策などを議論することにしています。
| 環境とまちづくり | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090725