<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 世界相場、大幅な低迷に向かうと指摘 | main | G20 安倍首相 「力強い経済成長けん引で一致」 >>
三菱UFJ銀行と三井住友銀行がATM共同化へ
 私は、三菱UFJ銀行を利用しております。隣の駅に行かないと支店はありませんが、三井住友銀行との提携でATMが無料で利用できるとなると、最寄り駅近くにある三井住友銀行のATMが無料で使える様になるので有難いです。

 「三菱UFJ銀行」と「三井住友銀行」は、駅など、店舗の外にあるATM(現金自動預け払い機)を将来的に両行合わせておよそ4分の1、廃止する一方、店舗の外にあるATMでは日中はどちらの銀行のキャッシュカードを使っても現金の出し入れを手数料なしでできる新たなサービスを始める方針を固めました。

 三菱UFJ銀行と三井住友銀行は、駅やショッピングセンターなど店舗の外にある合わせて2800か所余りのATMの共同化を計画しています。

 関係者によりますとその概要がまとまり、2800か所余りのうちおよそ4分の1にあたる700か所のATMは、設置場所が近いなどの理由で将来的に廃止するとしています。

 その一方で、ことし9月下旬からは店舗の外にあるATMではどちらの銀行のキャッシュカードを使っても平日の日中は手数料無料で現金の引き出しや預け入れができるようにする方針です。

 銀行にとってATMは顧客を獲得するうえで利便性をアピールする重要な役割を持ち、各行とも競って駅前など便利のよい場所に設置してきました。

 しかし、最近ではIT企業によるキャッシュレス決済やコンビニのATMが増えたことで銀行のATMの利用は減っていて、コスト負担が大きくなっている三菱UFJと三井住友はATM戦略で協調路線に大きくかじをきる形となります。
| 政策 | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090720