<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「うまい棒」ロングセラー続く理由 | main | 子ども食堂 1年で1.6倍に急増 全国3700か所余に >>
熱帯低気圧は台風へ あす沖縄・奄美と西日本 あさって東日本か
 明後日は関東地方も要注意です。最新の気象情報を知る様にしましょう。

 沖縄の南にある熱帯低気圧が27日までに台風に変わり、沖縄・奄美や西日本に接近したあと、28日には東日本に進むおそれがあります。各地で非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあり、気象庁は土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

 気象庁によりますと、沖縄の南の海上にある熱帯低気圧が27日にかけて発達して台風に変わる見込みで、26日夜、沖縄本島地方に接近したあと鹿児島県の奄美地方を北上し、27日の昼前から夜にかけては西日本の太平洋側に近づき、28日には東日本の太平洋側に進むおそれがあります。

 さらに、九州付近にある前線に向かって湿った空気が流れ込んでいるため、この時間、沖縄や九州、四国に発達した雨雲がかかり断続的に雨が強く降っています。

 午後8時までの1時間には、徳島県が牟岐町に設置した雨量計で30ミリの激しい雨を観測しました。

 沖縄本島では雨が降り続いて土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

 熱帯低気圧から変わる台風に加え前線も北上するため、さらに広い範囲で大気の状態が不安定になる見込みで、

▽沖縄・奄美では27日朝にかけて、

▽西日本の太平洋側では27日朝から夜遅くにかけて、

▽東日本の太平洋側では27日夜から28日にかけて、

局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

 27日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで

▽四国で300ミリ、

▽九州南部で250ミリ、

▽沖縄・奄美と中国地方で150ミリ、

▽九州北部と近畿で120ミリ、

▽東海で100ミリと予想され、

 その後も28日夕方までの24時間に

▽東海で200ミリから300ミリ、

▽近畿で100ミリから200ミリ、

▽四国と中国地方、

▽関東甲信で100ミリから150ミリの雨が降る見込みです。

 沖縄・奄美では強い風が吹いているほか、27日は西日本の海上を中心に広い範囲で強い風が吹き、海はしける見込みです。

 気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、強風や高波のほか落雷、竜巻などの激しい突風に十分注意するよう呼びかけています。
| 環境とまちづくり | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090713