<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 女児に1年半にわたるいじめ 足骨折も 学校は真剣に取り合わず | main | 5段階の大雨警戒レベル >>
日本ハム 吉田輝星 プロ初登板で初勝利
 プロ野球・日本ハムのドラフト1位ルーキー、吉田輝星投手が12日夜の広島との交流戦にプロ初登板し、初勝利をあげました。吉田投手は2回に失点しましたが、尻上がりに調子を上げて5回を1失点、ヒット4本に抑えてプロ初登板で初勝利をあげました。

◎日本ハム吉田輝、白星デビュー!5回1失点「3回以降リズムよく投げられた」
 (2019年06月12日 20:54 ベースボールキング)

 プロ初登板初先発となった日本ハムのドラフト1位・吉田輝星が、セ・リーグ3連覇中の広島相手に5回4安打1失点と好投。デビュー戦を白星で飾った。

 待望の一軍デビューは満員の本拠地。初回、場内アナウンスを受けてマウンドに向かうと、札幌ドームのファンから大きな拍手が湧き起こった。

 初回、安打と2四球で一死満塁のピンチを招くも、5番・西川を3球三振斬り。続く磯村は三ゴロに仕留めピンチを脱した。1点リードで迎えた2回は簡単に二死を奪ったあと、9番・田中広に右前打を許し、続く長野に同点となる適時二塁打を左中間へ運ばれた。

 再び1点を勝ち越してもらった直後の3回は、先頭のバティスタの痛烈なライナーを許すも、遊撃・石井一がジャンプ一番好捕。続く鈴木は右飛、西川は左飛に退け、強力クリーンナップを3人で片づけた。

 4回は先頭の磯村を3つ目となる空振り三振に仕留めると、続く安部はニゴロ。二死から8番・会沢に右中間突破の二塁打を浴びたが、続く田中広は三邪飛に仕留めた。勝ち投手の権利がかかる5回は、先頭の長野を左飛。続く菊池は4つ目となる空振り三振に仕留めると、3番・バティスタは右飛に退けた。

 吉田輝は5回を84球で投げ抜き、4安打4奪三振2四球で1失点。尻上がりの投球内容で、防御率1.80を記録し、降板後「初めての一軍マウンドで、試合開始から雰囲気は違うなと思いました。それでも、緊張はあまりせずに、初回から投げられました。しっかりと指にかかった真っすぐはファウルが取れたし、後半は多少コースが甘くなっても、うまく空振りも奪えました。初対戦ということもありますが、自分の真っすぐはある程度通用したのかなと思います。1回、2回とピンチもありながら最少失点でしのいで、3回以降はリズムよく投げられました」と話した。

 打線は初回、2番・大田の12号ソロで先制。2回は1番・西川の適時内野安打で2点目を加えた。守っては2−1と1点リードの6回から継投策。井口、公文、ロドリゲス、石川直が1イニングずつを無失点でつなぎ、吉田輝は初登板初先発初勝利をマーク。石川直は2セーブ目(1勝)を記録した。

 広島は立ち上がり不安定だった吉田輝を捉え切れず、交流戦3カード連続の負け越しが決定。先発の大瀬良は8回113球、8安打8奪三振2失点と力投したが、打線の援護なく3敗目(7勝)を喫した。
| 雑感 | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090669