<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< G20財務相会合閉幕 共同声明「貿易摩擦にさらなる行動を」 | main | 無給医 少なくとも2000人 国が初めて存在認める 公表へ >>
尾瀬ヶ原 ミズバショウが見頃
 尾瀬には1回だけ高校1年生の時のグリーンスクールで行った事があります。ミズバショウが大変に綺麗でもったいなく思いゆっくりと歩いた記憶があります。

 最近では箱根の湿生花園で何回かカミさんとミズバショウを鑑賞しました。ミズバショウを見ると「夏の思い出」を口ずさんでしまいます。

 日本を代表する美しい湿原で知られる尾瀬国立公園の尾瀬ヶ原では、ミズバショウが見頃を迎えています。

 群馬、新潟、福島、栃木の4県にまたがる尾瀬国立公園のうち、標高およそ1400mの尾瀬ヶ原はミズバショウの代表的な群生地として知られています。

 尾瀬保護財団によりますと、尾瀬ヶ原のミズバショウは平年並みの先月下旬に、黄色の小さな花を包む白い「ほう」と呼ばれる部分が開き始め、雪どけが進むこの時期、見頃となっています。

 訪れた人たちはすがすがしい風を感じながら、湿原や川のほとりに顔をのぞかせたミズバショウを近くで眺めたり、写真に収めたりしていました。

 神奈川県から訪れた40代の女性は、「初めて尾瀬にきましたが、とてもきれいで感動しました。空気もとてもおいしくて尾瀬を満喫しました」と話していました。

 尾瀬ヶ原のミズバショウは、今月中旬まで楽しめるということです。
| 環境とまちづくり | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090656