<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 児童など19人刺される 女児ら2人死亡 容疑者を特定 | main | 「不謹慎狩り」起源を振り返る >>
「旧優生保護法は憲法違反」 訴えは退ける 仙台地裁
 旧優生保護法のもとで障害を理由に強制的に不妊手術を受けさせられた人たちが国に賠償を求めた裁判の初めての判決で、仙台地方裁判所は、「旧優生保護法は子を産み育てる幸福を一方的に奪うものだ」として、憲法違反だったという判断を示しました。しかし、賠償を求められる期間が過ぎているとして、訴えを退けました。

 昭和23年から平成8年まで続いた旧優生保護法のもとでは、障害などを理由におよそ2万5000人が不妊手術を受けたとされ、このうち10代の時に強制的に手術を受けさせられた宮城県の60代と70代の女性2人は、国に対して合わせて7150万円の賠償を求めました。

 28日の判決で仙台地方裁判所の中島基至裁判長は、原告が主張していた子どもを産み育てるかどうかを決める権利について、「憲法13条に照らして尊重されるべきだ」と認めました。

 そのうえで、「旧優生保護法はその幸福を一方的に奪い去ったものだ。手術を受けた者は幸福を追求する可能性を奪われ、生きがいを失い、生涯にわたり苦痛を被るので、権利侵害の程度は極めて甚大だ」と指摘し、憲法に違反していたという判断を示しました。

 一方で、原告が手術を受けてから、賠償を求める権利が消滅する「除斥期間」の20年が過ぎていることから、賠償の権利を行使するには国会の立法措置が必要だったと指摘しました。

 原告は国会が救済を放置してきたと主張していましたが、判決では、具体的な賠償制度の構築は国会の裁量に委ねられているとしたうえで、「子どもを産み育てる権利についての議論の蓄積が少ないことなどを考えると、国会の対応は違法ではない」などとして、2人の訴えを退けました。

 全国7か所で起こされている同様の裁判で判決が言い渡されたのは初めてで、旧優生保護法が憲法に違反することは認めた一方、国の賠償責任については否定した形となりました。

◇裁判長「令和は差別ない社会に」
 裁判長は判決の言い渡しの最後に、「憲法13条、14条の普遍的な価値に照らして平成の時代まで根強く残っていた優生思想が正しく克服され、新たな令和の時代では誰もが差別なく幸福を追求することができ、国民ひとりひとりの生きがいが真に尊重される社会になり得るように、付言する」と述べました。

◇判決に支持者から驚きの声
 判決の言い渡し後、裁判所から出てきた弁護士が「不当判決」と書かれた紙を示すと、集まった支援者からは驚きの声が上がりました。

◇弁護団長「救済につながらなければ十分な意味ない」
 判決をうけ、弁護団の新里宏二団長は、「違憲という憲法判断が下るところまできたという思いだが、救済につながらなければ十分な意味がない。被害者の声を聞いて判断していただけると期待していたので、失望も大きい。当事者と相談の上、基本的には控訴という方向になると思う」と話しました。

◇「裏切られたという気持ち」原告の弁護団
 原告の弁護団の太田伸二弁護士は集まった支援者や記者団に対し、「大変驚いていて、裏切られたという気持ちだ。これまでの流れを考えるとありえない結論だ」と憤りをあらわにしました。

◇原告「言葉が出ない」
 判決の後、原告の70代の女性は「20年たたかってきたのにこんな結果になってしまって言葉が出ない」と話していました。

 60代女性の原告の義理の姉は、「裁判は難しく全て理解はできなかったが、過去に判例がないから訴えを退けるというのは理解できない。言い渡しでは令和の時代がよくなるようにとあったが、令和ではなく今まで苦しめられていた人の声に耳を傾けてほしかった。自分では納得できないので、妹には日をおいて報告する。控訴は弁護団と相談して考えるが機会があればまた頑張りたい」と話していました。

◇厚労相「判決の内容精査したい」
 根本厚生労働大臣は、国会内で記者団に対し、「判決の内容について一報を受けたが、今後、内容を精査したい。旧優生保護法が違憲かどうかが論点になっているのは認識しているが、判決の内容をまだ詳細に見ていないので、現段階でのコメントは差し控えたい」と述べました。

◇厚労省「コメントできない」
 判決について厚生労働省は、「判決の内容が届いていないので現段階では、コメントできない」としています。

◇官房長官「着実な一時金の支給に全力」
 菅官房長官は、午後の記者会見で、「判決内容の詳細は十分に承知していないが、『今回の判決は国家賠償法上の責任のみに関する国の主張が認められたもの』と聞いている」と述べました。

 そのうえで、「旧優生保護法に基づき、優生手術等を受けた人に対しては、一時金支給のための法律が成立している。施行されたところで、政府としては法律の趣旨を踏まえて、着実な一時金の支給に向けて全力で取り組んでいきたい」と述べました。

◇山下法相「国に対する請求は棄却された」
 山下法務大臣は記者団に対し、「旧優生保護法のもとで、多くの人が心身に多大な苦痛を受けてきたことに対し、法務大臣としても深くおわびする」と述べました。

 そのうえで、「一部で違憲の指摘もあったところではあるが、結論として、国に対する請求が棄却されたと承知している。判決の内容を関係省庁と精査して、今後の対応を検討していきたい。ほかにも関連する訴訟がいくつか行われているので、これについても、関係省庁と検討していきたい」と述べました。

◇原告らは控訴の方針
 判決のあと弁護団と原告が会見を開き、控訴する方針を示しました。

 この中で、弁護団の新里宏二団長は、「違憲という判断が出たのに被害者への救済が認められなかったのは山の8合目まで登って降りてしまったようなもので、被害者の気持ちを考えるとやりきれない」と述べました。

 そのうえで、「私たちの主張の多くは認められていたので、これを通過点と考え、引き続き被害者のために頑張りたい」として、控訴する方針を示しました。

 原告の1人で、16歳の時に手術をされ、20年以上、国に謝罪と補償を求めてきた70代の女性は、「国の責任が認められないのは納得できない。被害者は高齢化しているので一刻も早く救済されるよう裁判所には国の責任をしっかりと認めてほしかった」と話していました。

 また、60代の原告の女性の義理の姉は、「違憲という判決により自分は間違っていなかった、国が間違っていたんだと多くの被害者が感じると思う。声を上げられないのがいちばん問題であり、これを機会に被害者の家族も声をあげてほしい」と話していました。

◇専門家「非常に画期的だ」
 この問題に詳しい東京大学大学院の市野川容孝教授は、旧優生保護法が憲法に違反していたという判断について「かつては憲法に違反していないと考えられていたが、28日の判決では180度変わって、憲法違反だと明確に示されたことは非常に画期的だ」と評価しています。

 一方で、賠償を求めた原告の訴えが認められなかったことについては、「違憲だったにも関わらず、賠償が認められなかったのは残念だ」とした上で、「違憲だったという今回の判断を踏まえると各地の裁判では賠償を認める判決が出てもおかしくないのではないか」と話しています。

 さらに、国の今後の対応については、「28日の判決には、賠償を求める権利が20年で消滅するという原則をこの問題に関しては外してしかるべきだと書いてあるとも読めるので、今後、国会でそうした議論があってもよいのではないか」と指摘しています。

◇判決のポイント
 今回の裁判では、障害者などへの強制的な不妊手術を認めた旧優生保護法が憲法違反にあたるかどうか、そして国会や国が、手術を受けた人たちに対する賠償の措置を取ってこなかったことが違法かどうかが争われました。

<1・憲法判断は>
 きょうの判決では、子どもを産み育てるかどうかを決める権利について、「幸福を追求する権利を保障する憲法13条に照らして尊重されるべき基本的な権利だ。権利の重みは、障害を背負う場合でも変わるものではない」と判断しました。

 その上で、強制的な不妊手術を認めていた旧優生保護法について、「子どもを産み育てる意思があった人にとって、幸福の可能性を一方的に奪い去り、個人の尊厳を踏みにじるもので誠に悲惨というほかない」と指摘し、法律そのものが憲法13条に違反するという、初めての判断を示しました。

<2・国の責任は>
 一方で国会や国の責任は認めませんでした。

 原告側は、国会や国が、手術を受けた人たちに対する救済措置を取ってこなかったことを「違法な行為だ」と主張していましたが、きょうの判決では、「国会や国が賠償に必要な法律を作るべきだったとまでは言えず違法とは言えない」と判断しました。

 その理由として、「日本ではこれまで、子どもを産み育てるかどうかを決める権利についての法的な議論が少なく、旧優生保護法が違憲だとする司法の判断もなかった」という国内の事情を挙げました。

 そして、原告2人が手術を受けさせられた時期が昭和38年と昭和47年だったことから、国に賠償を求める権利が20年で消滅するという「除斥期間」をすでに過ぎているとして、いずれの訴えも退けました。

 旧優生保護法をめぐる裁判は札幌や東京など全国7か所で起こされていて、初めて言い渡されたきょうの判決が、ほかの裁判に影響するかどうか注目されます。
| 福祉・医療と教育 | 05:06 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090622