<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「大阪都構想」の住民投票 大阪市長 来秋にも実施の意向 | main | 日本の科学は輝きを取り戻せるのか ネイチャー編集長に聞く >>
科学論文の引用回数 米中が各分野の1位独占 日本はなし
 引用回数が多い科学論文の各国の割合を151の分野ごとに比較したところ、アメリカと中国が各分野の1位を独占し、日本は1位となる分野がありませんでした。集計した科学技術振興機構は、日本の研究力が相対的に下がっていると警鐘を鳴らしています。

 科学技術振興機構は、引用回数で世界の上位10%に入る質の高い自然科学系の論文について、人工知能やバイオテクノロジー、天文学など151の分野ごとに各国の割合を比較し、順位の推移を分析しました。

 その結果、最新の2017年までの3年間平均では、151分野のうち80分野でアメリカが1位でした。残りの71分野は中国が1位となり、米中が首位を独占しました。

 日本は1位の分野がなく、がん研究など2つの分野の3位が最高でした。

 日本と中国はともに1997年までの3年間平均では1位の分野はありませんでしたが、中国は20年の間に、機械工学など産業に関わる分野を中心に大きく順位を上げ、日本を引き離す結果となりました。

 また、5位以内の日本の順位をみても、1997年までの3年間平均では151分野のうち83分野で日本はトップ5に入っていましたが、最新の2017年までの3年間では18分野にまで減りました。

 科学技術振興機構の伊藤裕子特任研究員は、「予算が突出した米中がトップになるのはある意味当然といえるが、5位以内をみても日本の研究力低下が鮮明になった。深刻に受け止めるべきだ」と警鐘をならしています。
| 福祉・医療と教育 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090570