<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 国の借金1103兆円余で過去最大更新 1人当たり874万円余 | main | 幼児教育と保育無償化へ 改正法成立 10月1日施行 >>
介護休暇 時間単位で取得を 政府の規制改革推進会議
 家族などの介護を理由に仕事を辞める「介護離職」を減らそうと、政府の規制改革推進会議は、「介護休暇」を現在の半日単位ではなく、時間単位で取得できるよう法整備を求める意見書をまとめました。

 10日開かれた規制改革推進会議の会合では、政府が掲げる「介護離職ゼロ」の実現に向けて意見が交わされました。

 この中では、家族などを介護しながら働く人は今後も増え続けることが見込まれるうえ、認知症の高齢者の増加で介護する人の負担が重くなることも予想されるとして、仕事と介護を両立できるための支援策が必要だという意見が出されました。

 そして、会合では、法律で年間5日まで取得できる「介護休暇」について、半日単位でしかできない現在の仕組みでは利便性が低く、利用が進んでいないとして、時間単位で取得できるよう法整備を求める意見書をまとめました。

 また、意見書では、こうした介護のための支援制度を職員に周知するよう企業側に促すことなども盛り込まれています。

 規制改革推進会議は、厚生労働省と調整したうえで、来月まとめる答申に意見書の内容を反映させることにしています。
| 福祉・医療と教育 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090563