<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「挨拶を返さない人」に不満噴出 | main | AED 女性への使用に抵抗感? 京大調査 >>
がん患者 10年後生存率は56.3% ゆるやかに上昇傾向
 がん治療がどれくらい効果があるか判断する指標になっているがん患者の10年後の生存率は、平成17年までの4年間に診断された患者全体では56.3%となり、ゆるやかに上昇傾向が続いていることが国立がん研究センターなどの分析で分かりました。

 国立がん研究センターなどの研究グループが全国のがん専門病院など20の医療機関の7万人余りのデータを分析したところ、平成17年までの4年間にがんと診断された患者全体の10年後の生存率は56.3%だったことが分かりました。

 10年後の生存率はがんの治療効果の指標とされ、今回の調査対象よりも3年前の平成14年までの4年間と比べて2.4ポイント高くなるなど、ゆるやかに上昇する傾向が続いています。

 がんの種類ごとでは最も高いのは、前立腺がんで95.7%、次いで甲状腺がんが84.3%、乳がんが83.9%などとなっていて、国内で患者数の多い胃がんや大腸がんも60%を超えています。

 一方、最も低いのは、すい臓がんで5.4%、次いで肝臓がんが14.6%、胆のうがんと胆道がんが16.2%、食道がんが30.3%、肺がんが31%などとなっています。

 調査を行った群馬県衛生環境研究所の猿木信裕所長は、「最近は新しい治療薬が次々と使えるようになり、生存率は今後も上がる傾向が続くと思われる」と話しています。

◎最新がん統計(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター)

◇日本の最新がん統計まとめ

•2017年にがんで死亡した人は373,334人(男性220,398人、女性152,936人)。
•2014年に新たに診断されたがん(罹患全国合計値)は867,408例(男性501,527例、女性365,881例)。
•2016年に新たに診断されたがん(全国がん登録)は995,132例(男性566,575例、女性428,499例)*。
* 性別不詳があるため男女の合計が総数と一致しません。部位別などの詳細は 外部サイトへのリンク厚生労働省「全国がん罹患数 2016年速報」をご参照ください。

◇生存率

1)がんと診断されてからの生存率
▽5年相対生存率
 あるがんと診断された場合に、治療でどのくらい生命を救えるかを示す指標。あるがんと診断された人のうち5年後に生存している人の割合が、日本人全体*で5年後に生存している人の割合に比べてどのくらい低いかで表します。100%に近いほど治療で生命を救えるがん、0%に近いほど治療で生命を救い難いがんであることを意味します。

* 正確には、性別、生まれた年、および年齢の分布を同じくする日本人集団

・2006年から2008年にがんと診断された人の5年相対生存率は男女計で62.1%(男性59.1%、女性66.0%)。
・部位別では皮膚、乳房(女性)、子宮、前立腺、甲状腺が高く、食道、肝臓、肺、胆のう・胆管、膵臓、脳・中枢神経系、多発性骨髄腫、白血病は低い。

◇ピリオド法による10年相対生存率
 あるがんと診断された人のうち10年後に生存している人の割合が、日本人全体*で10年後に生存している人の割合に比べてどのくらい低いかで表します。5年相対生存率と同様に、100%に近いほど治療で生命を救えるがん、0%に近いほど治療で生命を救い難いがんであることを意味します。

* 正確には、性別、生まれた年、および年齢の分布を同じくする日本人集団

従来の生存率の算出方法では、長期の生存率の場合患者の診断年が古く、最近の医療状況が反映されにくいという問題がありました。

 そこで、集計対象を最近の数年間(5年程度)に追跡された患者集団に限定し、この期間内の生存・死亡情報のみに基づいて生存率を算出する方法(ピリオド法)が考案されています。

・5年相対生存率と同様に、部位別10年相対生存率は皮膚、乳房(女性)、子宮、前立腺、甲状腺で高く、食道、肝臓、肺、胆のう・胆管、膵臓、脳・中枢神経系、多発性骨髄腫、白血病で低い。

2)サバイバー生存率(がんと診断されてからの年数別の生存率)
▽ピリオド法によるサバイバー5年相対生存率
 サバイバー生存率は、診断から一定年数後生存している者(サバイバー)の、その後の生存率です。例えば1年サバイバーの5年生存率は、診断から1年後に生存している者に限って算出した、その後の5年生存率です(診断からは合計6年後)。

•胃、大腸(結腸および直腸)、膵臓、肺がんでは診断からの年数が経過するにつれて5年相対生存率は高くなる。
•比較的生存率が低い膵臓がん、肺がんでも、診断から5年後サバイバーの5年相対生存率は80%近い。
•肝臓がんでは診断から5年後サバイバーの5年相対生存率は40%程度である。
| 福祉・医療と教育 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090551