<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北朝鮮発射は新型「戦術誘導兵器」 国連決議違反のおそれも | main | 「挨拶を返さない人」に不満噴出 >>
生誕90年、銀幕に輝き続ける美貌
 5月4日はオードリー・ヘプバーンさんの誕生日でした。1929年5月4日に誕生し、1993年1月20日に亡くなりました。今年で生誕90年です。

 オードリー・ヘプバーンさんは、私が大好きな女優の一人です

 1953年には『ローマの休日』でアカデミー主演女優賞を獲得しました。その後も『麗しのサブリナ』(1954年)、『尼僧物語』(1959年)、『ティファニーで朝食を』(1961年)、『シャレード』(1963年)、『マイ・フェア・レディ』(1964年)、『暗くなるまで待って』(1967年)などの人気作、話題作に出演しましたる。

 オードリー・ヘプバーンの女優業は年齢と共に減っていき、後半生のほとんどを国際連合児童基金(ユニセフ)での仕事に捧げました。

 ヘプバーンがユニセフへの貢献を始めたのは1954年からで、1988年から1992年にはアフリカ、南米、アジアの恵まれない人々への援助活動に献身しています。

 1992年終わりには、ユニセフ親善大使としての活動に対してアメリカ合衆国における文民への最高勲章である大統領自由勲章を授与されました。

 この大統領自由勲章受勲一カ月後の1993年に、ヘプバーンはスイスの自宅で虫垂癌のために63歳で死去しました

◎女優 オードリー・ヘプバーンさん】生誕90年 写真特集
 (2019/05/05 19:17 共同通信社)

・共同通信社 オードリー・ヘプバーンさん 右は映画「ティファニーで朝食を」より。ジバンシーの黒いドレス姿のヘプバーンさん(ゲッティ=共同)

【写真特集】オードリー・ヘプバーン。その名前を聞いただけで、1950年代から60年代の名作のタイトルがすらすらと浮かぶ。「ローマの休日」「ティファニーで朝食を」「麗しのサブリナ」「マイ・フェア・レディ」…。今年5月4日に生誕90年を迎えた。1993年に亡くなったが、妖精のような魅力は今も銀幕の中で、永遠の輝きを放っている。写真特集にまとめた。

【ローマの休日】

・共同通信社映画「ローマの休日」の一場面。主演のオードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペック(ゲッティ=共同)

・共同通信社「ローマの休日」の一場面。オードリー・ヘプバーン(左)とグレゴリー・ペック(AP=共同)

 ローマの休日 1953年。ウィリアム・ワイラー監督。出演者=オードリー・ヘプバーン、グレゴリー・ペック、エディ・アルバートほか。米アカデミー賞で主演女優賞、脚本賞、衣装デザイン賞を受賞。

・共同通信社1954年3月、映画「ローマの休日」で米アカデミー賞主演女優賞を受けた英女優オードリー・ヘプバーンさん(UPI=共同) 映画「ティファニーで朝食を」の一こま(ロイター)

 ティファニーで朝食を 1961年。ブレイク・エドワーズ監督。出演者=オードリー・ヘプバーン、ジョージ・ペパード、パトリシア・ニールほか。米アカデミー賞歌曲賞などを受賞。

 オードリー・ヘプバーン 英国人の父とオランダ人の母の間に、ブリュッセルで生まれる。ウィリアム・ワイラー監督「ローマの休日」(1953年)の王女役に抜てきされ、米アカデミー賞主演女優賞を受賞。晩年は、国連児童基金(ユニセフ)の親善大使として難民救済などに当たった。1993年に大腸がんのためスイスの自宅で、63歳で死去した。

・共同通信社映画「尼僧物語」主演のオードリー・ヘプバーンさん=1958年1月14日(UPI=共同)

・共同通信社 オードリー・ヘプバーンさん 1987年12月19日撮影

【ユニセフ親善大使】

・共同通信社 アメリカ、ユニセフ親善大使としてソマリアへ、難民の子供を抱く、1992年9月撮影(ロイター=共同)
| 雑感 | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090550