<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 桜も見納め | main | 関東甲信 真冬並みの寒さ 平地で雪のところも >>
IMF 成長率見通し下方修正 “欧米など世界経済の減速拡大”
 IMF(国際通貨基金)は世界経済に関する最新の報告で、アメリカやヨーロッパなど先進国を中心に景気の減速が拡大するとして、ことしの世界経済の成長率の見通しをプラス3.3%と、3か月前と比べて0.2ポイント下方修正しました。

 IMFが取りまとめた世界経済に関する最新の報告では、ことしの世界経済の成長率の見通しについて、3か月前のプラス3.5%からプラス3.3%に0.2ポイント下方修正し、世界経済の減速がさらに拡大するとしています。

 国別では、先進国の成長率を相次いで下方修正し、アメリカが政府機関の一部閉鎖の影響などでプラス2.3%としたほか、イギリスがEU(ヨーロッパ連合)からの離脱協議の行方が不透明なことを受けてプラス1.2%、ドイツが燃費基準の強化によって自動車の販売が減少したためプラス0.8%、そして日本もプラス1%としています。

 一方、来年の世界経済の成長率は、ヨーロッパ経済が回復することなどから、3か月前の見通しを据え置いてプラス3.6%とし、持ち直すとみています。

 ただ、先行きのリスクについては、米中の貿易摩擦に加えて、トランプ政権が輸入車への関税引き上げを引き続き検討していることなどをあげて、企業の設備投資などに悪影響を及ぼすおそれがあると指摘しています。
| 政策 | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090463