<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 東京パラリンピックのマラソン 五輪と同じコースに決定 | main | 新紙幣 透かしも肖像も 最先端技術で偽造防止 >>
政府 紙幣のデザイン一新へ 新たな肖像画も検討
 新紙幣には、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎の肖像画が検討されている様です。

 政府は、現在使われている1万円札、5千円札、千円札の紙幣のデザインを偽造防止などを理由として一新する方針を固めました。

 新たな肖像画には、「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一、日本で最初の女子留学生としてアメリカで学んだ津田梅子、破傷風の治療法を開発した細菌学者の北里柴三郎を使うことが検討されています。

 紙幣は偽造防止のため、定期的に新しい技術を取り入れてデザインが改められていて、政府は、現在使われている1万円札、5千円札、千円札の紙幣のデザインを、一新する方針を固めました。

 この背景には、皇位継承に伴って来月1日に元号が「令和」に改められるのに合わせて、新しい時代を国民がこぞってことほぐ環境を醸成する狙いもあったと見られます。

 紙幣のデザインが一新されるのは平成16年以来で、新紙幣が実際に市中に流通するのは数年後になるものと見られます。

 現在の1万円札には福沢諭吉、5千円札には樋口一葉、千円札には野口英世の肖像画がそれぞれ使われています。

 新たな肖像画について政府内では、「近代日本経済の父」と呼ばれ明治から昭和にかけて産業界をリードした渋沢栄一、日本で最初の女子留学生としてアメリカで学び日本の女子教育に尽力し津田塾大学を創立した津田梅子、破傷風の治療法を開発するなど近代医学の礎を築いた細菌学者の北里柴三郎を使うことが検討されています。

 また、政府は、500円硬貨についても偽造を防ぐための新たな技術を施して新たなものを発行することにしています。

 一方、平成12年に九州・沖縄サミットが開かれるのに合わせて発行された2千円札については現在のデザインを維持する見通しとなっています。
| - | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090461