<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 景気動向指数改善も 基調判断は引き続き“後退局面の可能性” | main | お花見の下見 >>
「そんたく発言」塚田副大臣 責任取り辞任
 道路整備をめぐって、安倍総理大臣と麻生副総理兼財務大臣の意向を「そんたくした」と発言した塚田国土交通副大臣は、発言の責任を取りたいとして5日、辞任しました。

 山口県下関市と北九州市を結ぶ道路整備をめぐって、塚田国土交通副大臣は今月1日、下関市と福岡県が安倍総理大臣と麻生副総理の地元だと言及したうえで、「総理や副総理が言えないから、私がそんたくした」と発言しました。

 その後、塚田副大臣は「発言は事実と異なる」と述べ、撤回し、謝罪したうえで、説明責任を果たして職責を全うする考えを示していました。

 野党側は、撤回や謝罪では済まされない重大な問題として速やかな辞任を求めていたほか、与党内からも、国会運営や選挙への影響を懸念してみずから進退を判断するよう求める声が出ていました。

 そして5日、塚田副大臣は発言の責任を取りたいとして辞表を提出し、受理されました。塚田氏は、参議院新潟選挙区選出で55歳。自民党麻生派に所属しています。

 これを受け、安倍総理大臣は、政権運営や国会審議などへの影響を最小限に抑えるため直ちに後任人事を調整し、自民党の牧野京夫参議院議員の起用を決めました。

 牧野氏は5日夕方、皇居での認証式などを経て、副大臣に就任しました。牧野氏は参議院静岡選挙区選出で60歳。国土交通副大臣就任は2度目です。

◇副大臣に就任 牧野氏「重責果たしたい」
 国土交通副大臣に就任した自民党の牧野京夫参議院議員は、総理大臣官邸で記者団に対し、「安倍総理大臣から『職責をきっちり果たしてもらいたい』と言われた。国土交通省の仕事は、公共性や公正性が大事なので、重責を果たしたい」と述べました。

 また、牧野副大臣は、山口県下関市と北九州市を結ぶ道路整備について、「もう一度話を聞いて考えたいが、基本的には必要性があるから調査が始まると思っている」と述べました。
| 政策 | 03:29 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090447