<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 天皇陛下退位まであと1か月 | main | 天皇陛下退位まで1か月 表明されたお気持ちとは >>
天皇陛下退位まで1か月 陛下の歩み
 昭和天皇の長男で、皇太子として生まれた天皇陛下は、戦争が続く中で子どもの時期を過ごし、11歳の時に疎開先の日光で終戦を迎えられました。

 戦後の復興期に青春時代を送り、日本が独立を回復した翌年の昭和28年、19歳の時に昭和天皇の名代としてイギリスのエリザベス女王の戴冠式(たいかんしき)に参列するため初めて外国を訪れ、欧米14か国を歴訪されました。

 そして、大学生活を終えた翌年、軽井沢のテニスコートで皇后さまと出会い、25歳で結婚されました。

 一般の家庭から皇太子妃が選ばれたのは初めてで、祝賀パレードに50万人を超える人たちが詰めかけるなど、多くの国民から祝福を受けられました。

 皇后さまと、国内外で公務に励むとともに、3人のお子さまを手元で育て、新たな皇室像を示されました。

 昭和天皇の崩御に伴い、55歳で、今の憲法のもと、初めて「象徴天皇」として即位されました。

 天皇陛下は、翌年の記者会見で、「日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴として現代にふさわしく天皇の務めを果たしていきたいと思っています」と述べられました。

 天皇陛下は、皇后さまとともに、一貫して戦争の歴史と向き合われてきました。戦後50年を迎えた平成7年には「慰霊の旅」に出て、被爆地広島と長崎、そして、沖縄を訪ねられました。

 先の大戦で激しい地上戦が行われ20万人以上が犠牲になった沖縄への訪問は、合わせて11回に及びます。

 戦後60年には、太平洋の激戦地サイパンを訪問し戦没者を慰霊されました。天皇陛下の強い希望で実現した異例の外国訪問でした。

 そして戦後70年には、悲願だったパラオのペリリュー島での慰霊も果たされました。

 天皇陛下は、毎年、8月15日の終戦の日に「全国戦没者追悼式」に臨み、戦争が再び繰り返されないよう願うおことばを述べられてきました。

 天皇陛下は、また、皇后さまとともに、全国各地の福祉施設を訪れるなどして、社会で弱い立場にある人たちを思いやられてきました。

 障害者スポーツにも強い関心を持ち、「全国身体障害者スポーツ大会」が開かれるきっかけをつくるとともに、平成に入って皇太子ご夫妻に引き継ぐまで、大会に足を運んで選手らを励まされました。

 大きな災害が相次いだ平成の時代。

 両陛下は、被災地に心を寄せ続けられました。

 始まりは平成3年。

 雲仙普賢岳の噴火災害で43人が犠牲になった長崎県島原市を訪れ、体育館でひざをついて被災者にことばをかけられました。その後も、平成7年の阪神・淡路大震災など大きな災害が起きるたび現地に出向き、被災した人たちを見舞われてきました。

 東日本大震災では、天皇陛下が異例のビデオメッセージで国民に語りかけるとともに、皇后さまと7週連続で東北3県などを回り、その後も折に触れて被災地を訪ねられました。

 国民に会い、話に耳を傾け、寄り添うことを大切にされた天皇陛下。

 皇后さまとともに、即位後15年で全国47のすべての都道府県への訪問を果たし、おととしには2巡目を終えられました。

 即位後これまでに訪問した市区町村は562を数え、訪ねられた島々は皇太子時代も含め50余りに上ります。

 また、天皇陛下は、皇后さまとともに、国賓などとして日本を訪れた各国の元首らと会見し宮中晩餐会などでもてなしたほか、平成4年に歴代の天皇で初めて中国を訪問するなど、即位以来、36か国を訪ねるなどして、国際親善にも尽くされました。

 国民に寄り添い、世界の平和と人々の幸せを願われてきた天皇陛下。

 4月30日の退位が決まったあとも、「象徴」としての務めを果たし続けられています。

◇天皇陛下 平成に願われたこと

天皇陛下は、世界の平和や国民の幸せを願う気持ちを繰り返しあらわされてきました。
 一貫して戦争の歴史と向き合われてきた天皇陛下。

 即位以来、毎年8月15日の終戦の日に全国戦没者追悼式に出席し、戦争が再び繰り返されないことを願うおことばを述べられてきました。

 平成18年、73歳の誕生日を前にした記者会見では、戦後生まれの人が年々多くなってくる中で、戦没者を追悼することは世界や日本の過去の歴史を顧みる1つの機会となるとして、「過去のような戦争の惨禍が二度と起こらないよう、戦争や戦没者のことが、戦争を直接知らない世代の人々に正しく伝えられていくことを心から願っています」と話されました。

 そして、天皇として最後となる去年の誕生日を前にした記者会見では、「先の大戦で多くの人命が失われ、また、わが国の戦後の平和と繁栄が、このような多くの犠牲と国民のたゆみない努力によって築かれたものであることを忘れず、戦後生まれの人々にもこのことを正しく伝えていくことが大切であると思ってきました。平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」と述べられました。

 天皇陛下は、困難な状況にある被災者や、障害者など社会の中で弱い立場にある人々への思いもあらわされてきました。

 東日本大震災の発生から5年となった平成28年の追悼式では、「被災地で、また避難先で、今日もなお多くの人が苦難の生活を続けています。困難の中にいる人々一人ひとりが取り残されることなく、1日も早く普通の生活を取り戻すことができるよう、これからも国民が心を一つにして寄り添っていくことが大切と思います」と述べられました。

 また、去年の誕生日を前にした記者会見では、平成に起きた数多くの災害を挙げ、「多くの人命が失われ、数知れぬ人々が被害を受けたことに、ことばに尽くせぬ悲しみを覚えます。ただ、その中で、人々の間にボランティア活動を始めさまざまな助け合いの気持ちが育まれ、防災に対する意識と対応が高まってきたことには勇気付けられます」と話されました。

 そして、皇太子時代から関心を持ち続けた障害者スポーツについて、「障害者自身がスポーツを楽しみ、さらに、それを見る人も楽しむスポーツとなることを私どもは願ってきました。パラリンピックを始め、国内で毎年行われる全国障害者スポーツ大会を、皆が楽しんでいることを感慨深く思います」と述べられました。
| 雑感 | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090434