<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 天皇陛下退位まで1か月 陛下の歩み | main | カミさんとお花見 >>
天皇陛下退位まで1か月 表明されたお気持ちとは
 天皇陛下は、平成28年の8月8日、10分余りに及ぶビデオメッセージで、退位の意向が強くにじんだお気持ちを表明されました。

 この中で天皇陛下は、はじめに、天皇の立場上、今の皇室制度に具体的に触れることは控えるとしたうえで、「社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、個人として、これまでに考えて来たことを話したい」と述べられました。

 そして、高齢による体力の低下を感じるようになったと話し、「次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています」と胸の内を語られました。

 続いて、天皇としてのこれまでの歩みを「天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした」と振り返られました。

 このあと、天皇陛下は、天皇の高齢化に伴う対応について言及し、公務を限りなく減らしていくことには無理があるという考えを示されました。

 また、天皇の行為を代行する摂政を置いた場合、天皇が、求められる務めを十分に果たせぬまま、生涯、天皇であり続けることになるとして、否定的な考えをあらわされました。

 天皇陛下が表明されたお気持ちは、退位の意向が強くにじむもので、最後に、「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じる」として国民に理解を求められました。

 宮内庁は、お気持ち表明の直後に、天皇陛下のおことばについて「憲法上の立場を踏まえ個人としての心情を述べられた」と説明しました。

 その後、「内容については、天皇陛下の憲法上の立場を踏まえたご発言とする必要があるので、内閣官房と協議をした」と説明し、お気持ちの表明という天皇陛下の行為については、「公的な行為という位置づけで、最終的には内閣が責任を持つ性格のもの」という認識を示しています。

 また、天皇陛下も、平成28年12月の記者会見で、「天皇としてのみずからの歩みを振り返り、この先の在り方、務めについて、ここ数年考えてきたことを内閣とも相談しながら表明しました」と述べられています。

◇お気持ち表明後の天皇陛下
 天皇陛下は、3年前の8月に退位の意向が強くにじんだお気持ちを表明したあとも、変わりなく公務に臨まれてきました。

 お気持ちの表明から1週間後の8月15日には、皇后さまとともに全国戦没者追悼式に臨み、戦後70年の平成27年に続いて「深い反省」ということばを盛り込んでおことばを述べられました。

 秋には、国体の開会式出席のため訪れた岩手県で、東日本大震災からの復興状況を視察し、仮設住宅などで暮らす被災者にことばをかけられました。おととしの2月末からは皇后さまとともに国賓としてベトナムを訪れ、国際親善に努められました。

 そして6月には、天皇陛下の退位に向けた特例法が成立しました。

 その後、10月には、九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県と大分県を訪れ、被災者を見舞われました。

 11月には鹿児島県の島々を訪れ、平成27年の爆発的な噴火で避難を余儀なくされた口永良部島の住民たちと懇談したほか、初めて訪れた与論島と沖永良部島では、島の住民や子どもたちと交流されました。

 12月には、三権の長や皇族などからなる皇室会議や閣議を経て、天皇陛下の退位と皇太子さまの即位の期日が決まりました。

 去年3月には、11回目となる沖縄訪問に臨み、戦没者を慰霊して遺族にことばをかけられました。

 6月には、「全国植樹祭」に出席するため福島県を訪れ、震災による津波で大きな被害を受けた南相馬市の会場で、将来、海岸防災林となる木々を植えられました。

 そして8月15日、退位を前に最後に臨んだ全国戦没者追悼式では、結びの一文に「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」という一節を新たに盛り込んでおことばを述べられました。

 翌9月には、2度にわたって西日本豪雨の被災地を訪問し、11月には、震度7の揺れを観測した北海道厚真町を訪れ、被災した人たちを見舞われました。

 天皇として最後となった去年12月の誕生日には、参賀のため8万2800人余りが皇居を訪れました。参賀が今の形になった昭和44年以降、最も多い人出となりました。

 また、ことし1月2日の新年一般参賀でも平成に入って最も多い15万4000人余りが訪れ、天皇陛下は国内外の人々の幸せを祈るおことばを述べられました。

 2月24日には、在位30年を記念する政府主催の式典に皇后さまとともに出席し、去年の誕生日に続いて、平和を願う気持ちや国民への感謝の思いを述べられました。

◇お気持ち表明後 天皇陛下のおことば
 3年前の8月に退位の意向が強くにじむお気持ちを表明して以来、天皇陛下は、象徴としての務めやみずからの歩みについてたびたび述べられてきました。

 お気持ちを表明したビデオメッセージでは、「私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました」と述べ、象徴の務めを果たす上で、一貫して大切にしてきた考えをあらわされました。

 そして、天皇として最後となった去年12月の誕生日の記者会見では、こうした考えのもとに実践してきた務めを1つずつ振り返られました。

 このうち、先の大戦で激しい地上戦が行われ、長く心を寄せてきた沖縄については、皇太子時代から皇后さまとともに11回の訪問を重ねたことを振り返ったうえで、「沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていくとの私どもの思いは、これからも変わることはありません」と話されました。

 また、「慰霊の旅」に出かけるなど、一貫して戦争の歴史に向き合われてきたことについては、「先の大戦で多くの人命が失われ、また、わが国の戦後の平和と繁栄が、このような多くの犠牲と国民のたゆみない努力によって築かれたものであることを忘れず、戦後生まれの人々にもこのことを正しく伝えていくことが大切であると思ってきました。平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」と時折、声を震わせながら述べられました。

 そして、ひときわ声を震わせながら、「天皇としての旅を終えようとしている今、私はこれまで、象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝するとともに、みずからも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心からねぎらいたく思います」と述べられました。

 記者会見は天皇陛下の思いがこれまでにないほど強くあらわれたものとなりました。

 天皇陛下は、2月24日に開かれた在位30年を記念する政府主催の式典で、「私がこれまで果たすべき務めを果たしてこられたのは、その統合の象徴であることに、誇りと喜びを持つことのできるこの国の人々の存在と、過去から今に至る長い年月に、日本人がつくり上げてきた、この国の持つ民度のおかげでした」と述べ、あらためて国民への感謝の思いをあらわされました。

 そして、「憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く、これから先、私を継いでいく人たちが、次の時代、さらに次の時代と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています」と述べられました。
| 雑感 | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090433