<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 特養ホームで事故死 1000人余 転倒や誤えんで 厚労省 | main | 外国籍で未就学の子ども 文科省が初めて実態調査へ >>
即位30年と結婚60年 両陛下を昼食会でお祝い

 天皇皇后両陛下は17日、天皇陛下の即位30年と両陛下の結婚60年にあたって、皇太子さまや秋篠宮さまなどが開かれたお祝いの昼食会に臨まれました。

 両陛下は、17日正午前、車で東京港区の赤坂御用地に入られました。

 門を通過する際、集まった人たちや報道陣ににこやかに手を振ってこたえ、皇太子ご夫妻のお住まいの東宮御所に向かわれました。

 17日の昼食会は、天皇陛下の即位30年と両陛下の結婚60年を祝うため、皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻、それに長女の黒田清子さん夫妻によって開かれたもので、皇族方や元皇族などおよそ50人が集まりました。

 宮内庁によりますと、両陛下は出席者と和やかに歓談し、食事のあと、3人のお子さま方が相談して招かれたシャンソン歌手とピアニストによる演奏を楽しまれたということです。

 昼食会はおよそ3時間に及び、両陛下は、赤坂御用地をあとにして皇居に戻る際、贈られた花束を手に報道陣に再び笑顔を見せられていました。

◎天皇皇后両陛下 来月伊勢神宮へ 最後の地方訪問
 (2019年3月15日 15時14分 NHK)

 天皇皇后両陛下が来月30日の天皇陛下の退位を前に、皇室の祖先をまつる伊勢神宮に参拝する儀式に臨むため、来月17日から三重県を訪問されることが正式に決まりました。天皇皇后として最後の地方訪問になります。

 宮内庁によりますと、両陛下は来月17日、新幹線と私鉄を乗り継いで三重県に入り、伊勢市の宇治山田駅で地元の人たちの歓迎に応えたあと、伊勢神宮の内宮にある行在所に宿泊されます。

 翌18日には天皇陛下の退位に関する儀式として、午前に伊勢神宮の外宮に、午後に内宮にそれぞれ参拝されます。

 この際、伊勢神宮の祭主を務めている長女の黒田清子さんが両陛下を迎えることになっています。

 両陛下は、このあと志摩市に移動して賢島のホテルに宿泊し、19日に東京に戻られることになっています。

 両陛下の伊勢神宮への参拝は、社殿などをつくり替えてご神体を移す20年に1度の「式年遷宮」を受けて5年前に参拝されて以来で、これが天皇皇后として最後の地方訪問になります。

 今回の訪問では、皇位継承の象徴とされことし5月に皇太子さまが受け継がれる三種の神器の剣と勾玉が5年前の参拝以来、皇居から持ち出されます。

 宮内庁は天皇陛下の退位に関する儀式を粛々と静かに執り行うことにしていて、今回の儀式では即位の際に使用した儀式用の装束や馬車は使わず、天皇陛下はモーニングを着用して臨まれるということです。
| 雑感 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090387