<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サクラの開花予想 来週にも各地で開花か | main | 24時間営業やめたコンビニ「今後も短縮営業を続ける」 >>
新元号決定まで2週間余 情報システム改修は順調 政府
 天皇陛下の退位に関する一連の儀式が12日から始まりました。来月30日の「退位の礼」に関連する10の儀式があります。

 ことし5月の皇位継承に伴う改元をめぐって、平成など和暦を扱う官民の情報システムの改修作業を円滑に進められるかが課題となる中、政府の連絡会議で、官民ともに必要な作業をおおむね終えられる見込みとなっていることが報告されました。

 皇位継承に伴い、政府は平成に代わる新しい元号を来月1日に決定し、5月1日に改元を行うことにしていますが、デジタル化が進む中、「平成」など和暦を扱う官民の情報システムを新たな元号に対応したものに円滑に改修できるかが課題となっています。

 新元号の決定まで2週間余りとなる中、政府は内閣府で各府省庁の連絡会議を開き、税や社会保障など国や一部の独立行政法人が管理する合わせて576の情報システムについて、5月1日までに改修作業を終了し、国民生活への影響も出ない見込みとなっていることなどが報告されました。

 一方、民間のシステム改修をめぐっては、国民生活に密接に関係する金融や公共交通、エネルギーなどの関係企業では対応が進んでいるものの、一部、対応を確認できていない企業もあるとして、引き続き働きかけを続けていくことを確認しました。

 政府は、情報システムのトラブルは国民生活の混乱に直結しかねないとして、パソコンのOS(基本ソフト)を製造している企業などとも連携し、改修作業などの対応に万全を期すことにしています。

◎改元 システム改修後のテスト 企業の約半数が未計画
 (2019年3月14日 15時34分 NHK)

 ことし5月1日の「改元」に向けてシステム改修を予定している企業のうち、およそ半数が改修後のテストを計画していないことが国の調査でわかりました。国は、予期せぬ障害を防ぐためテストを行うよう呼びかけています。

 この調査は、改元に向けた企業のシステム改修の準備状況を調べるため経済産業省が行い、製造業や流通業など2797社から回答を得ました。

 それによりますと、システムの中で「和暦」が使われているか調べているか尋ねたところ、

▽「調査が完了している」と答えた企業は63%、

▽「まだ調査していない」と答えた企業は20%でした。

 システム改修によるトラブルを防ぐため、国は改修後にテストを実施するよう呼びかけていますが、今回の調査では、システムの改修を計画している500社余りの企業のうち48%が「テストをまだ計画していない」と回答しています。

 これについて、経済産業省の担当者は、「急いでシステム改修をして障害を起こしては意味がないので、余裕を持って対応してほしい。改修後にテストを行わないと予期せぬトラブルがありうるので、ぜひテストを実施してほしい」と話しています。
| 政策 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090375