<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1日平均3時間近くに 青少年のインターネット利用時間 | main | 女性の平均賃金、男性の7割 >>
即位を祝う一般参賀 5月4日に実施

 宮内庁は、皇太子さまが新しい天皇に即位されたことをお祝いする一般参賀を、即位直後のことし5月4日に皇居で行うことを決めました。

 天皇陛下は、ことし4月30日に退位され、翌5月1日に皇太子さまが新しい天皇に即位されます。

 宮内庁によりますと、皇太子さまが即位された3日後の5月4日に皇太子さまの即位をお祝いする一般参賀を皇居で行うことを決めたということです。

 宮内庁は当初、平成の代替わりの例にならって、皇太子さまが即位を内外に宣明されることし10月22日の「即位礼正殿の儀」のあとの10月26日に一般参賀を行うとしていましたが、「即位後なるべく早く一般参賀を行ったほうが、多くの国民にとってよいのではないか」といった意見が複数寄せられ、日程の前倒しを決めたということです。

 そのうえで、10連休の期間中で大勢の人たちが足を運びやすいことや皇太子ご夫妻が行事に臨まれる前後の日程とそれに伴う負担などを考慮した結果、5月4日が選ばれたということです。

 当日は、即位した皇太子さまが雅子さまや皇族方とともに宮殿のベランダに立って訪れた人たちの祝意にこたえ、おことばを述べられる見通しです。

 また、4月30日に退位される天皇陛下と皇后さまはこの一般参賀には出席されないということです。

 宮内庁は今後、一般参賀の時間やお出ましの回数などを検討することにしています。
| 政策 | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090346