<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< NHK世論調査 内閣を「支持する」44%「支持しない」37% | main | 池江選手に励ましの言葉が急増 >>
保育所の入所はAIが決める 数秒で選考可能に
 さいたま市は保育園などに入園する手続きにAI(人工知能)を活用し、保護者への通知を早めたり、職員の負担を軽減したりする方針です。

 多くの自治体ではこの時期、4月からの保育園などへの入園を希望する保護者に対し、受け入れるかどうかの通知を送る作業に追われます。

 さいたま市では、ことし4月の入園を希望する子どもの数はおよそ8800人に上り、自宅と保育園の距離や兄弟の入園状況など、家庭ごとの事情を考慮して選考するため、時間がかかることが課題となっています。

 このため、さいたま市は新年度から選考にAIを導入して作業の効率化を図る方針です。

 システムに、「兄弟で同じ保育園がよい」などの要望や、各施設の空き状況などを入力すると、わずか数秒で選考でき、保護者への通知の発送も1週間程度早められるとしています。

 さいたま市子ども未来局の星野公男保育課長は、「AIを使っても正確性を保つことができ、選考作業に費やしていた時間を相談などの別の業務に使って、きめ細かく対応していきたい」と話しています。

 介護保険の1次審査でもコンピューター判定を導入しているので、保育園の入所手続きでも1時判定的なものはAIを活用するのは大変に効率が良いと思います。
| 福祉・医療と教育 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090254