<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 安倍首相 参院選勝利目指す決意強調 自民党大会 | main | 非正規公務員に公務災害を認める動き広がる >>
ジャンプW杯 高梨が今季初優勝 通算勝利記録を更新
 このところの2戦で2位と上り調子だったので、今回優勝できて良かったです。圧倒的な強さを誇っていた時に戻ってもらいたいです。

 スキージャンプ女子のワールドカップが10日、スロベニアで行われ、高梨沙羅選手が今シーズン初優勝を果たし、自身のワールドカップの最多優勝記録を56勝に更新しました。

 高梨選手は、去年3月のワールドカップ最終戦で優勝し男女を通じた最多優勝記録を55勝に伸ばしたあと、今シーズンはここまで優勝から遠ざかっていました。

 10日はスロベニアのリュブノでヒルサイズが94メートルのノーマルヒルの大会に出場しました。

 高梨選手はめまぐるしく風の向きが変わる気象条件の中、1回目で89メートル50を飛んでトップに立ちました。

 2回目は82メートル50と距離は伸ばせなかったものの、合計ポイント223.9で、去年のピョンチャンオリンピックの金メダリストでワールドカップ6連勝中のノルウェーのマーレン・ルンビ選手を2.1ポイント上回り、今シーズン初優勝を果たしました。

 この優勝で高梨選手は、自身が持つ男女を通じてのワールドカップ最多優勝記録を56勝に更新しました。

 このほか日本勢は伊藤有希選手が16位。勢藤優花選手が28位。丸山希選手が35位。岩渕香里選手は39位でした。

◇高梨「風も味方してくれた」
 今シーズン初優勝を果たした高梨沙羅選手は、「悪天候の難しい状況のなかで風も味方をしてくれて、いい方向に飛び出していけたのでよかった。まだ、自分のジャンプは形になっていないと思うし、ジャンプへのアプローチ部分を自分なりに考えている途中なので頑張っていきたい」と話しました。
| 雑感 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090250