<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アメフト悪質タックル 「前監督らの刑事責任問えず」 警視庁 | main | はやぶさ2 22日に最初の着陸へ >>
トランプ大統領 一般教書演説 民主に協力要請も壁建設は譲らず
 アメリカのトランプ大統領は、今後1年の施政方針を示す演説を行い、来年の大統領選挙もにらんで、内政のこう着状態の打開を目指し、野党・民主党に協力を呼びかけました。一方で公約の国境の壁の建設では譲らない考えも強調し、先行きは不透明な情勢です。

 トランプ大統領は5日夜、アメリカ議会の上下両院の議員などを前に、今後1年の施政方針を示す一般教書演説を行いました。

 この中でトランプ大統領は、「この2年で世界はわれわれの経済をうらやみ、軍事力は最強になり、アメリカは日々勝利を収めている」と成果を強調しました。

 そして、いわゆるねじれ議会で下院の多数派となった野党・民主党に対し、「われわれは、共に数十年に及ぶ政治的な停滞を打破し分断を埋めることができる」と述べ、党派を超えた協力を呼びかけました。

 一方で、「国民の命と雇用を守る移民制度を作る道義的な義務がある。私が壁を造ってみせる」と述べて、メキシコとの国境沿いの壁の建設では譲らない考えも強調しました。

 また、トランプ大統領は、外交面でも過去の政権が残した問題に取り組んでいるとアピールしました。

 中国との貿易問題では、「今協議している新たな貿易の合意には真の構造改革が含まれていなければならない」と述べ、不公正な貿易慣行を終わらせて貿易赤字を削減するとともに、両国の隔たりが大きい知的財産権などをめぐる問題の解決を迫る方針を示しました。

 また、北朝鮮との非核化めぐる協議では、「やるべきことは多く残されている」として2回目の米朝首脳会談を今月27日と28日の2日間、ベトナムで開催し、成果を急ぐ考えをにじませました。

 トランプ大統領は、今回の演説のテーマを「偉大さの選択」と位置づけていて、来年の大統領選挙をにらんで、内政のこう着状態を打開し、さらなる成果を目指す一方、公約を守る姿勢は強調し、一定の支持をつなぎ止めるねらいがあるとみられます。

 しかし、民主党は攻勢の構えを崩しておらず、いわゆる「ロシア疑惑」の捜査が大詰めを迎える中、新たな疑惑報道も相次いでいて、政権運営の先行きは依然不透明な情勢です。

◎米朝首脳会談 今月27日と28日にベトナムで開催 トランプ大統領
 アメリカのトランプ大統領は5日の一般教書演説で、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との2回目の米朝首脳会談を、今月27日と28日の2日間の日程でベトナムで開催すると発表しました。

 この中でトランプ大統領は、朝鮮半島情勢について、「人質は帰国し、核実験は中止し、この15か月以上ミサイルは発射されていない。自分が大統領に選ばれていなかったら、私の意見では、私たちは今、北朝鮮と戦争になっていただろう」と述べました。

 そのうえで、「まだ多くの仕事が残されている。しかし私とキム・ジョンウン委員長との関係は良好だ」と強調し、今月27日と28日の2日間の日程でベトナムで2回目の米朝首脳会談を開催すると発表しました。

 トランプ大統領はベトナムのどの都市で会談が行われるかまでは言及しませんでしたが、開催地についてはベトナム中部のダナンが有力視されています。

 2回目の首脳会談では北朝鮮の非核化に向けた具体的な措置とともに、北朝鮮がその条件として求める経済的な見返りへの対応が焦点になります。

◇官房長官「会談に向け政策すり合わせたい」
 菅官房長官は午後の記者会見で、「わが国としては朝鮮半島の完全な非核化に向けた北朝鮮側のコミットメントを含む、米朝首脳間の去年6月の合意が完全、迅速に履行されることを期待する。最も重視する拉致問題についても、米朝首脳会談が有意義なものになるよう、引き続き、アメリカと協力し、しっかりと政策をすり合わせていきたい」と述べました。

 また、菅官房長官は、「国連の安保理決議は、北朝鮮に対して核兵器を含むすべての大量破壊兵器および、あらゆる射程の弾道ミサイルの完全、検証可能、不可逆的な方法での廃棄を求めている。わが国としては、引き続き、安保理決議の着実な実施のため、アメリカや韓国と協力し、中国、ロシアをはじめとした国際社会と緊密に連携していく立場に変わりはない」と述べました。

◇外務省「完全な非核化の仕組み作れるかがポイント」
 外務省幹部は、「会談では完全な非核化のための具体的な仕組みをつくれるかが重要なポイントとなる。去年6月の米朝首脳会談と同様に首脳どうしが文書に署名し、対外的に成果を示せる形となるよう、アメリカ政府に働きかけていきたい」と述べました。

 外務省は米朝首脳会談に合わせて、金杉アジア大洋州局長らをベトナムに派遣する方向で調整していて、情報収集を行うとともにアメリカ政府と緊密な連携を図っていく方針です。
| 政策 | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090233