<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サッカーアジアカップ 日本は準優勝 大会から見えたものは | main | 球界最年長投手 巨人の上原 背番号「19」でブルペンに >>
大企業の働き方改革 6割の中小企業がしわ寄せで長時間労働に
 大企業の働き方改革が進むなか、納期を短くするよう求められ、長時間労働になったと答えた中小企業が、6割に上ることが中小企業庁の調査でわかりました。

 この調査は中小企業の労働環境を調べるために去年12月に行われたもので、2500社余りが回答しました。

 このうち、長時間労働について尋ねたところ、「取引先の大企業から納期を短くするよう求められ、長時間労働になった」と回答した企業が60%に上りました。

 背景について、自由記述で尋ねたところ、「大企業が働き方改革で残業時間を減らしているため、工程の遅れがでないよう早めに製品を納入するように求められている」といった声が多く寄せられています。

 このほか、「こうした状態が続けば、ことし4月から5月にかけての10連休も休めないおそれがある」という声もありました。

 中小企業庁では大企業の働き方改革のしわ寄せが下請けに及ばないように、大企業や業界団体に対して、納期の見直しなどの対応を取るよう求めていくことにしています。
| 政策 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090217