<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< “介護一歩手前”がわかる 高齢者の状態を測定する機器開発 | main | 関東甲信 今夜遅くにかけ山沿いで雪 平地でも積雪のおそれ >>
特別養子縁組 15歳未満に引き上げへ 小中学生の救済も可能に
 児童虐待の問題が深刻化する中、実の親と暮らせない子どもを救済する「特別養子縁組」の仕組みが見直され、対象年齢が「原則15歳未満」に引き上げられる見通しとなりました。

 「特別養子縁組」は、児童虐待などで、実の親と暮らせない子どもを救済するための制度で、法律上、実の親との親子関係がなくなり、育ての親と親子関係を結ぶもので、29日、法制審議会の部会は、仕組みを見直す要綱案をまとめました。

 見直しは、対象年齢を「原則6歳未満」から「原則15歳未満」に引き上げることや、実の親が引き渡しに同意して2週間がたてば、撤回できないようにすることなどが柱となっていて、児童虐待の問題が深刻化する中、小中学生の救済も可能にするねらいがあります。

 ただ、これまでの部会の議論では、「思春期の子どもに、実の親と縁を切る重い判断を迫るのは避けるべきだ」という意見も出されたということです。

 特別養子縁組の支援活動を行うNPO法人「フローレンス」の代表理事、駒崎弘樹さんは今回の見直しを評価したうえで、「多感で繊細な子どもたちを、専門性が高い相談員がしっかり支援する必要がある」などと、国の支援の必要性を訴えています。

 法務省は、法制審議会から来月答申を受け、今の国会に民法の改正案を提出する方針です。
| 政策 | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090205