<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 関東南部の山沿い 夕方から積雪のおそれ | main | 良識ある行動と思えぬ、総務相が激怒 アマゾンギフト券が返礼品でふるさと納税249億円 >>
東京の都心で初雪を観測
 低気圧の影響で関東甲信は雨や雪が降っていて、気象庁は、12日午前、東京の都心で初雪を観測したと発表しました。

 13日にかけて関東甲信の山沿いで積雪となるおそれがあり、東京23区などでは積もらない見込みですが、最新の情報に注意してください。

 気象庁によりますと、伊豆諸島付近にある低気圧の影響で関東南部を中心に雨や雪が降っているところがあります。

 気象庁は、「きょう午前10時40分ごろ東京の都心で初雪を観測した」と発表しました。

 東京の都心の初雪は、平年より9日遅く、昨シーズンより12日遅くなっています。

 関東南部や山梨県を中心に13日明け方にかけて雪や雨が降り、山沿いを中心に積雪となるおそれがあります。

 13日朝までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、神奈川県西部の山沿いで8センチ、東京の多摩地方や埼玉県の秩父地方で3センチ、関東の平野部で1センチなどと予想されています。

 東京23区では雪が積もることはない見込みですが、雲のかかり方や気温の下がり方によっては積雪となるおそれもあるということです。

 気象庁は、最新の気象情報を確認し、積雪が予想される地域では路面の凍結や交通への影響に注意するよう呼びかけています。

 私は10時頃に多摩沿線道路を車で走っていた時、第3京浜道路に差し掛かる付近で暫く小雪がパラついたのを観測しました。川崎に着いた時はもう小雨になっていました。余りに冷えているので雪がちらついてもおかしくないなと思って車に乗り込んでいました。

◎東京都心で初雪を観測し、無降水継続日数は19日でストップ
 (1/12(土) 10:51 杉江勇次 | 気象解説者/気象予報士/ウェザーマップ所属)

◇13年ぶりの継続記録が途切れる
 東京都心では昨年12月24日からきのう1月11日まで、19日間継続して一滴の降水も観測されず、無降水継続日数記録が13年ぶりの長さとなっていました。

 ところがきょうは低気圧の降水域が予想よりも早く関東南部にもかかり始め、冷え込んだところに降水現象が起こっているため、所々で小雪が舞っているようですが、東京都心(北の丸)でも、さきほど10時44分に久しぶりに降水を観測し、10時46分に初雪の便りが届きました。

 実に昨年12月23日夕方以来、20日ぶりの降水観測となります。

 昨夜は15日間継続していた乾燥注意報が一足早く解除されましたが、無降水継続記録も途切れたことで、東京都心のカラカラ状態に一旦終止符が打たれたことになります。

◇最新の雨や雪の予想
 関東南部にかかってきた雨雲や雪雲は、午後になるとさらに広がり、夕方から夜遅くにかけてピークとなるでしょう。

 山梨や静岡の山間部、多摩、箱根などでは、雪で降る時間が比較的長いため、数センチ程度積もる可能性があります。

 東京23区辺りでは気温が3℃以上の予想で、冷たい雨の可能性が高いものの、3℃以下まで下がってくれば、みぞれで降る時間が長くなるでしょう。

 気象庁から関東甲信地方や東京地方などに雪に関する情報が出されていますので、特に内陸や山沿いの地方では交通障害に注意が必要です。

◇あす未明には降水終わり
 なお、日付が変わってあす(日)未明になると降水域は一気に弱まる予想です。

 あす朝には東京都心をはじめ、多くの所ですでに晴れていると思われますが、気温が下がりますので、雪で降った所はもちろん、雨だった所でも路面の凍結に十分ご注意下さい。
| 雑感 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090162