<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大相撲初場所初日 稀勢の里 御嶽海に黒星 | main | 冬の「肩こり」悪化する人の共通点 >>
医師の時間外労働2000時間上限も 過労死ライン2倍 厚労省案
 医師の働き方改革について、厚生労働省は医師が不足している病院などは例外として時間外労働の上限を大幅に緩和する案を、専門家会議に提示しました。

 患者への影響を考慮した措置ですが、「長時間労働を防げない」という批判が出ることも予想されます。

 医師の働き方改革は、患者への影響が大きいとしてほかの労働者とは切り分けて議論が進められています。

 厚生労働省は休日や夜間などの時間外労働の上限について検討を進め、11日開かれた専門家会議に規制の案を提示しました。

 それによりますと、医師が不足している病院などは、例外として年間で1900時間から2000時間、月の平均に換算して160時間ほどまで認めるとしています。

 これは過労死ラインとされる月平均80時間のおよそ2倍に当たります。

 例外は16年後の2035年度まで認め、その代わりに、医師の健康を守るため仕事を終えてから次の勤務まで9時間の休息を確保し、連続して勤務できる時間を28時間までにするとしています。

 例外に含まれない一般の医師については、ほかの職種の労働者と同じ水準の年間960時間を上限とする方針です。

 厚生労働省はことし3月末までに規制案をまとめ、5年後の2024年度から適用する予定ですが、今後議論が難航することも予想されます。

 カミさんが市立川崎病院に入院した際に、主治医の先生は毎朝7時位に見回って来てくれて、日に何回も顔を見に来てくれました。若い先生だからできたのかも知れませんが、とても安心出来て感謝するとともに体に気を付けて欲しいと思ってました。
| 福祉・医療と教育 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090157