<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 謹賀新年 | main | 両陛下最後の一般参賀に15万人余 両陛下の希望でお出まし追加 >>
2018年 1番面白かったドラマは
 私は、NHKの連続テレビ小説と大河ドラマが好きで必ず見てます。「半分、青い。」は大変に面白かったし、今放映中の「まんぷく」も安藤サクラさんがとても良く好きな女優になりました。

 民放では、「義母と娘のブルース」と「大恋愛〜僕を忘れる君と」がとても良かったです。

◎2位は綾瀬はるか『ぎぼむす』。今年面白かったドラマランキング
 (2018年12月29日 16:02 女子SPA!)

 2018年もたくさんのヒットドラマが生まれました。視聴率の良し悪しとは別に、視聴者が心から今年一番面白かった、と感じたドラマはどの作品なのでしょうか。

 そこで今回、女子SPA!では、30〜40代の女性100名にアンケートを実施し、「2018年で1番おもしろかったドラマ」について回答を求めました(※)。

==========================

20位 高嶺の花(日本テレビ)10.4%
19位 絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜(フジテレビ)10.5%
18位 花のち晴れ〜花男 Next Season〜(TBS)、もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜(日本テレビ)11%(同率)
16位 半分、青い。(NHK朝ドラ)11.5%
15位 まんぷく(NHK朝ドラ)、獣になれない私たち(日本テレビ)、相棒 season17(テレビ朝日)コンフィデンスマンJP(フジテレビ)12%(同率)
11位 僕らは奇跡でできている(フジテレビ)12.5%

==========================

 朝ドラらしくない展開や設定で、Twitterなどで度々炎上していた永野芽郁主演の上半期の朝ドラ『半分、青い。』が16位にランクインしているのが興味深いです。

==========================

10位 SUITS/スーツ(フジテレビ)13%
9位 中学聖日記(TBS)14%
8位 今日から俺は!!(日本テレビ)16.5%
7位 グッド・ドクター(フジテレビ)、ブラックペアン(TBS)17.5%(同率)
5位 おっさんずラブ(テレビ朝日)18%
4位 大恋愛〜僕を忘れる君と(TBS)19.5%

==========================

 10位には、織田裕二と鈴木保奈美が、ドラマ「東京ラブストーリー」以来の27年ぶりに共演したことが話題になった『SUITS/スーツ』がランクイン。

 9位は中学生の男子生徒と“禁断の恋”への道に踏み込んでしまう教師役を有村架純が演じ、センセーショナルな内容で世間をざわつかせた『中学聖日記』。

 8位に食い込んだのは、賀来賢人主演、福田雄一脚本・演出の青春不良コメディー『今日から俺は!!』。放送後の反響が凄まじく最終回後は「ロス」になった人が続出しました。

 7位には、嵐の二宮和也が外科医役を演じた『ブラックペアン』と、放送終了からおよそ半年が経ってもブームは加速している『おっさんずラブ』が同列ランクイン。『おっさんずラブ』は、7話の短いドラマでありながら、SNSを中心に火が付き、最終回では、Twitterの世界トレンド1位をマークするほどの社会現象になりました。

 4位は、戸田恵梨香が若年性アルツハイマーにおかされる女性を演じる『大恋愛〜を忘れる君と』がランクイン。ムロツヨシとのラブシーンが「キュンキュンする」と大好評で、最終回で大号泣する人が続出しました。

◆3位 99.9 -刑事専門弁護士- Season2 20%
 松本潤主演の人気シリーズ『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系列)のシーズン2が、堂々3位にランクイン。

 松本潤演じる超型破りな弁護士のキャラクターはシリーズを通して人気を博し、香川照之、片桐仁、岸部一徳など豪華キャストが脇を固めている安定感あふれる名作。日曜劇場では超異例のシリーズ化となりました。

◆2位 義母と娘のブルース 27.5%
 綾瀬はるかが キャリアウーマン役を演じた『義母と娘のブルース』(TBSテレビ系列)が3位と大きく数字を離してのランクイン。

 竹野内豊演じる夫の連れ子と親子の絆を築いていく感動作。第一話では、綾瀬はるかが全力で“腹踊り”を披露して、大きな反響がありました。

◆1位 アンナチュラル 33%
 2018年おもしろかったドラマのトップに輝いたのは、石原さとみ主演の『アンナチュラル』(TBS系列)でした。法医・解剖医ら、死因究明のスペシャリストが集う「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々を描くミステリー仕立ての人間ドラマ。

 今までにない石原さとみを目指して描かれたという本作、これまで石原さとみが演じてきた「天然でかわいい女の子」像とはかけ離れた、メイクもすっぴんに近く自然体な主人公「三澄ミコト」に共感が集まりました。主題歌の米津玄師書き下ろしの『Lemon』も爆発的ヒットを記録しています。

 さて、2019年はどんなドラマが生まれるのか……。1月6日からは宮藤官九郎脚本の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』もスタートしますし、ネットでプチ炎上した『ちょうどいいブスのススメ』もタイトルだけ『人生が楽しくなる幸せの法則』にあざとく変えて1月スタート。

 年明けに続々と放送開始する冬ドラマにも目が離せませんね!

※【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2018年12月12日
有効回答者数:30才から49才 女性200名

 <文/満知缶子>
| 雑感 | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090126