<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 韓国軍のレーダー照射 当時の映像公開 防衛省 | main | 読書が健康寿命に及ぼす効果 >>
学童保育の利用者と待機児童ともに過去最多 受け皿拡大が課題
 親が働いている間などに小学生を放課後に預かる学童保育の利用者は、ことし全国で120万人余りに上った一方、空きを待つ待機児童もおよそ1万7000人となり、いずれもこれまでで最も多くなりました。

 厚生労働省はことし5月時点の「放課後児童クラブ」、いわゆる学童保育の状況をまとめました。

 それによりますと、利用者は全国で123万4000人余りと、これまでで最も多かった去年をおよそ6万3000人上回り、過去最多を更新しました。

 厚生労働省は、乳幼児向けの保育所とともに小学生向けの学童保育についても整備を進めていて、学童保育の箇所数はおよそ2万5000か所と、去年より700か所余り増えました。

 受け皿の拡大が進む一方で、「子どもを預けて働きたい」という需要も増加していて、空きを待つ待機児童も1万7200人余りと、去年よりおよそ100人増え、これまでで最も多くなりました。

 学童保育の今後の整備をめぐって厚生労働省は、全国一律で1か所につき職員2人以上を配置するとした現在の義務づけを緩和し、自治体が条例を定めれば1人でも認める方針です。

 人手が限られる中で質や安全を確保しながら、学童保育の受け皿拡大をどう進めていくかが課題となっています。
| 福祉・医療と教育 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090118