<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「聞こえるのに聞き取れない・・」ひとりで悩まず受診を | main | 幼児教育・保育・高等教育無償化 法整備に向けた方針決定 >>
“年末寒波” 大雪・吹雪による交通影響に警戒を
 強い冬型の気圧配置の影響で北日本の日本海側と北陸を中心に大雪となり、東海や近畿の平地でもところによって雪が積もるおそれがあります。年末の帰省の時期と重なるため、気象庁は大雪や吹雪による交通への影響に警戒するよう呼びかけています。

 気象庁によりますと、日本付近は、冬型の気圧配置が強まって上空に強い寒気が流れ込み、北日本の日本海側や北陸を中心に雪が強まっているところがあります。

 北陸や新潟県、それに関東北部の山沿いを中心に午前6時までの12時間に30センチから50センチの雪が降ったほか、近畿地方の日本海側でも、この3時間に5センチ前後の雪が降っています。

 これから西日本の山沿いでもまとまった雪が降り、東海や近畿ではところによって平地でも雪が積もるおそれがあります。

 29日朝までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、
▽新潟県で80センチ、
▽東北で70センチ、
▽関東甲信で60センチ、
▽北陸と北海道で50センチ、
▽中国地方で45センチ、
▽東海と近畿で40センチ
と予想されています。

 その後も30日朝までの24時間に、
▽新潟県で60センチから80センチ、
▽東北と関東甲信で40センチから60センチ、
▽北陸と北海道で30センチから50センチ、
▽東海と近畿、それに中国地方で20センチから40センチ
の雪が降る見込みです。

 強い冬型の気圧配置は30日まで続き、各地で積雪が増えるおそれがあります。

 また、北日本の日本海側と北陸を中心に吹雪となっていて、
28日の最大風速は、
▽北海道と北陸で20メートル、
▽東北で18メートル、
最大瞬間風速はいずれも30メートル
に達する見込みです。

 海上では波も高まり、北海道と東北の日本海側、それに北陸で6メートルと大しけが予想されています。

 気象庁は、暴風雪や高波、それに大雪や吹雪による交通への影響に警戒するとともに、電線や樹木への着雪、なだれに十分注意するよう呼びかけています。

◇空の便 欠航や遅れの可能性
 荒れた天気の影響で、空の便は28日、北海道や東北、それに北陸や山陰を発着する便を中心に欠航や遅れが出る可能性があります。

 東北を発着する便の中にはすでに欠航が決まったものもあり、航空各社は最新の運航情報をホームページなどで確認するよう呼びかけています。

◇新幹線は平常どおり
 JR各社によりますと新幹線はいずれも平常どおり運転しています。

 ただ今後、荒れた天気の影響で運休や遅れが出る可能性があり、最新の運行状況をホームページなどで確認するよう呼びかけています。
| 環境とまちづくり | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090115