<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 安全な初詣を “DJポリス”が参拝客への呼びかけ訓練 川崎 | main | クリスマス明けのNY株式市場 大きく値上がり >>
IWCから脱退表明 商業捕鯨再開へ

 日本が目指す商業捕鯨の再開などをめぐって国際的な対立が続く中、菅官房長官は記者会見で、IWC(国際捕鯨委員会)から脱退し、来年7月から商業捕鯨を再開することを表明しました。

 この中で、菅官房長官は、「来年7月から商業捕鯨を再開することとし、国際捕鯨取締条約から脱退することを決定した」と述べ、来年7月からの商業捕鯨の再開に向けてIWCから脱退することを表明しました。

 その理由について、「持続可能な商業捕鯨の実施を目指して30年以上にわたり、解決策を模索してきた。しかしながら、鯨資源の保護のみ重視する国々からの歩み寄りは見られず、ことし9月のIWC総会で鯨資源の持続的利用の立場と保護の立場の共存が不可能であることが改めて明らかになり、今回の決断に至った」と述べました。

 また、菅官房長官は国際捕鯨取締条約で、来月1日までにIWCからの脱退を、取りまとめ役のアメリカ政府に通告すれば、来年6月30日に脱退できるとされていることを踏まえ、年内に、外交ルートを通じて、アメリカ政府に通告する考えを示しました。

 そして、脱退の効力が発生する来年7月から再開する商業捕鯨について、日本の領海とEEZ(排他的経済水域)に限定し南極海や南半球では行わないとしたうえで、国際法に従いIWCで採択された方式により算出される捕獲枠の範囲内で行うとしています。

 さらに、菅官房長官は、脱退は25日の閣議で決定したとしたうえで、発表が26日になった理由について、「脱退にかかる関係国との調整を含め、諸般の事情を総合的に判断した結果だ」と説明しました。

 また、菅官房長官は記者団が「IWCとは別に新たな国際的な枠組みづくりを目指すつもりか」と質問したのに対し、「将来的には新たな国際的な枠組み作りも検討していきたい。毎年、鯨の持続的利用という立場を共有する国々との会合を開催しており、これらの場を通じて関係強化を図っていきたい」と述べました。

◇海外メディアが速報
 菅官房長官が記者会見でIWCから脱退することを表明すると、直ちにロイター通信をはじめとする海外メディアは速報で伝えていて、関心の高さをうかがわせています。
| 環境とまちづくり | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090109