<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< “トイレの基本方針”まとめる 東京 渋谷区 | main | IWCから脱退表明 商業捕鯨再開へ >>
安全な初詣を “DJポリス”が参拝客への呼びかけ訓練 川崎
 川崎にもDJポリスが出動するようです。
 
毎年、およそ300万人が初詣に訪れる川崎市の川崎大師で、警察官が参拝客を安全に誘導するための呼びかけの方法を学ぶ訓練が行われました。

 川崎大師では、大みそかから正月の三が日にかけて、混雑による事故やトラブルを防ぐため機動隊や地元の警察官が出て誘導に当たります。

 25日は、初詣で最も人が集中する大本堂の横で、呼びかけ方の訓練が行われ、本番でも設置される台に警察官が順番に上がって「急がなくても福は逃げません」とか、「お待ちの間に去年を振り返ってはいかがでしょうか」などと拡声機で呼びかけました。

 警察によりますと、長時間並んでいる間にいらだったり、慌てたりする人もいるため、心を和ませるようなことばづかいで、具体的な行動を促すことが大切だということです。

 川崎警察署の青田信夫警備担当次長は、「平成最後ということもあり、例年よりも多くの人が訪れるのではないか。安全に参拝できるよう万全を尽くしたい」と話していました。
| 環境とまちづくり | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1090102