<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< NHK杯 女子シングル 16歳の紀平が優勝 宮原2位 | main | カーリング女子日本代表 韓国に敗れ準優勝 >>
NHK杯フィギュア 男子は宇野昌磨が優勝

 広島市で開かれているフィギュアスケートのNHK杯は男子シングル後半のフリーが行われ、ピョンチャンオリンピック、銀メダリストの宇野昌磨選手が優勝を果たしました。

 ショートプログラムでトップに立った宇野選手は、最初の4回転サルコーは回転不足と判定されましたが、2つめの大技、4回転フリップと続く4回転トーループは成功させました。

 その後、2本目の4回転トーループは着氷でバランスを崩して予定していた連続ジャンプにできず、最後の連続ジャンプも1つめの3回転サルコーの着氷が乱れて2つめのジャンプを跳ぶことができませんでした。

 それでも演技終盤のステップでは今シーズン初めて最高レベルの評価を得ました。

 宇野選手はフリーで183.96、ショートプログラムとの合計、276.45で2位に22点以上の大差をつけて優勝を果たしました。

 宇野選手はグランプリシリーズ1戦目のカナダ大会でも優勝していて、来月、カナダで開かれるグランプリファイナルに4年連続の出場を決めました。

 このほか、山本草太選手が合計213.40で6位。佐藤洸彬選手が合計185.18で。10位でした。

◇宇野昌磨「失敗あったが後味は悪くない」
 男子シングルで優勝した宇野昌磨選手は、「体力が持つように練習してきたので、そこは心配せず、普通の自分が出せればと臨んだ。失敗はあったが、後味は悪くないし、いい演技に一歩近づいた内容だった」と納得した様子で話していました。

 その上で、ショートプログラムに続いてフリーでも4回転トーループでミスが出たことについて、「試合になると興奮したり集中したりして力が入りすぎてしまう。気持ちのコントロールが難しければ、練習で体を疲れさせるなどいろいろな対処方法を考えていきたい」と話していました。

 そして、4年連続の出場となる来月のグランプリファイナルに向けて、「最善を尽くして頑張ります」と話しました。
| 雑感 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089883