<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 市教委が家族「中傷」のメール | main | NHK紅白歌合戦 司会者決まる >>
はやぶさ2 「リュウグウ」着陸へ目印投下も5m余り外れる
 小惑星「リュウグウ」への着陸に向けた準備を続けている日本の探査機「はやぶさ2」について、JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、着陸する時に目標として使うターゲットマーカと呼ばれる目印を小惑星に投下し、無事、着地させたと発表しました。

 ただし、狙った範囲からは5メートル余り外れたため、どのような運用を行うと確実に着陸ができるか、改めて検討を行うとしています。

 「はやぶさ2」は、ことし6月、地球からおよそ3億キロ離れた小惑星「リュウグウ」の上空に到着し、先月下旬に最初の着陸を予定していましたが、予想以上に地表が岩に覆われていて、着陸に適した平らな部分が限られていることがわかり、着陸を来年1月後半以降に延期しました。

 JAXAは、小惑星の赤道付近に直径50センチを超える大きな岩がない半径10メートル前後の平らな場所を確認し、ここを着陸候補地として、先月下旬、高度12メートルまで「はやぶさ2」を接近させる演習を行いました。

 JAXAではこのとき、着陸の時に「はやぶさ2」が目標とする直径10センチのターゲットマーカと呼ばれる光を反射するボール状の目印を投下し、無事、着地させたということです。

 しかし、予定では半径10メートルの範囲の中に落とすはずでしたが、およそ5.4メートル外側に着地したということです。

 このため、JAXAでは当初の目標より離れた場所にあるターゲットマーカをどう利用すると、確実な着陸ができるか改めて運用の方法を検討するとしています。

 JAXAの吉川真ミッションマネージャは、「ターゲットマーカの位置が目標地点から離れたことは残念だが、全体的には順調に進んでいて、楽観視せずに慎重に検討を行いたい。来年1月以降の着陸予定は変えずに進める」と話していました。

◎はやぶさ2:小型探査ロボ不具合 撮影や温度測定不可能か
 (11月8日 毎日新聞)

 東北大は8日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載している小型探査ロボット1台に不具合が生じたと発表した。

 来年7月ごろに小惑星リュウグウに投下される予定だが、内部基板がうまく作動しない状態で、搭載カメラによる撮影や温度測定ができない可能性が高いという。

 ロボットは直径15センチ、高さ15センチの八角柱形で、重さ877グラム。東北大や山形大など国内5大学が開発した。

 代表の吉田和哉・東北大教授は、「通信はできるので、可能な範囲で科学的な成果を得たい」と話した。

 ほかに搭載されていたJAXA開発の小型探査ロボット2台と、ドイツとフランスが共同開発した小型着陸機は既にリュウグウに着陸し、鮮明な画像の撮影などに成功している。
| 環境とまちづくり | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089874