<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ドンキホーテ ユニーの完全子会社化を正式に発表 | main | 「負の感情」が増大、背景には >>
いじめ自殺 謝罪の教育長が遺族に「お前」と発言 辞職へ
 去年6月、新潟県新発田市でいじめを受けた中学2年の男子生徒が自殺した問題で、市の教育長が謝罪のため遺族のもとを訪れた際、生徒の父親を「お前」と呼ぶ不適切な発言をしていたことがわかりました。

 生徒の父親は教育長のかつての教え子だったということですが、教育長はこの発言の責任を取って辞職することになりました。

 去年6月、新発田市で中学2年の男子生徒が自殺した問題について、市の教育委員会が設けた第三者委員会は「自殺の原因はいじめにあったと推定される」とする調査報告書をまとめました。

 これを受けて、山田亮一教育長が今月5日、報告書の説明と謝罪をするため遺族のもとを訪れた際、生徒の父親に対して「お前も保護者会に来るか」などと発言したということです。

 父親は、山田教育長がかつて小学校の教諭をしていた当時の教え子だったということですが、教育委員会に強く抗議していました。

 山田教育長は、「自分が担任だったことが頭をよぎった」などと説明し、不適切な発言の責任を取るとして、11日、辞職願を提出して受理されたということで、今月17日付けで辞職することになりました。

 これについて、生徒の父親は、「教育長が代わっても、教育委員会として第三者委員会の提言を実現するために力を尽くしてほしい」というコメントを出しました。

 また、新発田市の二階堂馨市長は、「今後、教育委員会とともにいじめ防止策の確実な実行と信頼回復に努めたい」としています。

◎いじめ自殺生徒の父に「お前」 新潟・新発田市教育長が辞職
 (10月11日 株式会社 産経デジタル)

 新潟県新発田市の市立中2年の男子生徒=当時(13)=がいじめを苦に自殺した問題で、同市の山田亮一教育長が11日、遺族に不適切な発言をしたとして二階堂馨市長に辞職願を提出した。二階堂市長は受理し、17日付で辞職を認める見通しだ。

 この問題では、山田教育長が5日、父親の自宅に謝罪に訪れた際、「(保護者説明会に)お前も来るか」などと話したとして、父親が不快感を示していた。

 山田教育長と父親は小学校時代の担任と教え子だったが、父親は「この場ではあり得ないと思った。(自殺のことを)軽く見ているのかなと思う」と指摘。

 山田教育長は10日、「私のその場にふさわしくない発言が、ご遺族の心を深く傷つけたことについておわび申し上げます」とのコメントを発表していた。

 二階堂市長は11日、「ご遺族に深くおわびを申し上げる。今後は再発防止策の確実な実行と信頼の回復に努める」とコメント。

 父親は、「教育長が代わっても(いじめ防止のための第三者委員会の)答申の提言を実現するために力を尽くしてほしい」とした。
| 福祉・医療と教育 | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089729