<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 豊洲市場が開場 初めての競り | main | 「置き去りに」見事と言わせた最期 >>
日経平均株価 900円超下落
 11日の東京株式市場は、10日のニューヨーク市場でダウ平均株価が急落したことを受けて売り注文が膨らみ、日経平均株価は、900円を超える大幅な値下がりとなっています。

 11日の東京株式市場は、10日のニューヨーク株式市場でダウ平均株価が800ドル以上、値下がりしたことを受けて、取引開始直後から全面安の展開になりました。

 さらに、中国・上海市場で株価指数が取り引き時間中のことしの最安値をつけるなど、アジア各地に株安が飛び火すると日経平均株価も一段と下げ幅を広げました。

 この結果、日経平均株価は2万3000円を大きく割り込み、午前の終値は、10日の終値より、914円94銭安い、2万2591円10銭。東証株価指数(トピックス)も62.05下がって、1701.81となりました。午前の出来高は9億3568万株でした。

 株安の背景には、アメリカの長期金利の上昇が企業の収益に与える影響に加え、米中の貿易摩擦が中国の実体経済などに及ぼす影響に懸念が高まっていることがあります。

 また、円相場が一時1ドル=111円台の円高ドル安水準になったことも、売り注文に拍車をかけています。

 日経平均株価は、今月はじめにおよそ27年ぶりの高値をつけ、堅調な世界経済に対する楽観的な見方も目立っていましたが、その後、10日足らずで2000円近く値下がりしている形で、株安の連鎖がどこまで続くのか、投資家の警戒感が強まっています。

◇官房長官「経済の動き注視しつつ万全の態勢期す」
 菅官房長官は午前の記者会見で、「株価の日々の動向について、政府の立場でコメントするのは差し控える」と述べました。

 そのうえで、菅官房長官は、「米国経済をはじめ、世界経済は堅調に推移しており、日本経済は企業収益が過去最高、雇用・所得環境は改善している。経済の好環境は確実に回り始めていると認識している。金融市場の動向を含め、世界経済、日本経済の動きはしっかりと注意しながら万全の態勢を期していきたい」と述べました。

◎NY市場下落 アジア各地でも大きく値下がり
 11日のアジア各地の株式市場も、株価は大きく値下がりしています。

 11日のアジア各地の株式市場は、10日のニューヨーク市場でダウ平均株価が800ドル以上急落したことを受けて、取り引き開始直後から株価は大きく値下がりしています。

 日本時間の午前11時半時点の代表的な株価指数は、10日に比べ、台湾が約5.5%、香港が約3.2%、韓国が約2.7%、上海が約2.6%、シンガポールが約2.5%下落しています。

 市場関係者は、「ニューヨーク市場の株価の急落を受けて、売り注文が膨らむ展開となっている。アメリカ経済は好調なものの、米中の貿易摩擦などへの懸念がくすぶり、投資家の間では先行きに慎重な見方も出ている」と話しています。
| 政策 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089726