<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アイスホッケー女子チームでパワハラ 元コーチら4人処分 | main | フォルクスワーゲン 小型車「ビートル」生産終了へ >>
「車検切れの車」瞬時に確認 国交省が新装置の運用始める

 車検が切れたまま公道を走る車やバイクを取り締まるため、国土交通省は、ナンバーをカメラで読み取って瞬時に確認する装置の運用を14日から始めました。

 この装置は、道路脇などに設置したカメラで、走行する車やバイクのナンバーを自動で読み取り、データベースと照合して1.5秒で車検切れかどうかを確認します。

 14日は、千葉県神崎町の国道で装置を使った取締りが全国で初めて行われ、車検切れが確認された車を近くの駐車場に誘導し、国土交通省の担当者が警告書を手渡していました。

 国土交通省によりますと、車検が切れたまま公道を走っていると見られる車両は、全国でおよそ20万台に上ると見られ、これまでは街頭で1台ずつ止めて車検証の確認などを行っていました。

 国土交通省の秋本真利政務官は、「さまざまな場所に装置を移動させて取り締まることができる。安全上問題がある車検切れの車両の撲滅に生かしていく」と話していました。

 国土交通省は、この装置を全国すべての運輸局に配備し、今後各地で取締りを行うことにしています。

◎車検切れ判別、走行中でも 読み取り装置を国交省配備
 (2018年09月14日 19:09 朝日新聞デジタル)

 国土交通省は、走行中の車が車検切れかどうかを約1.5秒で判別するシステムを全国の運輸局に配置し、14日から警察と合同での取り締まりを始めた。

 新たに配備したのは、持ち運び可能なカメラで車のナンバーを読み取り、パソコンでデータを照合するシステム。

 車検切れがわかれば係員が警告書を出し、その後、警察が道路運送車両法違反で取り締まる。

 停車させてから車検証を確認していたこれまでの検査を効率化し、事故につながりかねない車の車検切れ対策を強化する。

 14日午後1時半には、千葉県神崎町の国道の歩道に読み取り装置が設置された。

 約2時間の街頭検査で746台のナンバーをチェックし、2台の無車検車を発見。警察が近くの道の駅に誘導し、関東運輸局の職員らが運転手に警告書を手渡した。

 国交省によると、2017年度末時点で車検の対象となる車やバイク約8千万台のうち、約516万台が検査を受けず、廃車手続きもしていない。推定では、約20万台が車検切れで公道を走っているとみられるという。
| 政策 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089603