<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 男性の喫煙率 初めて3割下回る | main | 全米オープン優勝 大坂なおみ帰国会見 “原宿行きたい” >>
睡眠時間 40代の半数が6時間未満
 日本人の睡眠時間について厚生労働省が調査したところ、40代のおよそ半数が平均で6時間未満だったことがわかりました。

 厚生労働省は、睡眠不足になると精神的な病気や高血圧などにつながるおそれがあるとして、注意を呼びかけています。

 厚生労働省は去年11月、全国の20歳以上の男女6500人余りを対象に睡眠時間などの生活習慣について調査しました。

 このうち1日の平均睡眠時間が6時間未満だった人は、全体で男性が36.1%、女性が42.1%にのぼり、中でも40代が最も多く、男性が48.5%、女性は52.4%とおよそ半数にのぼりました。

 また、平均の睡眠時間が5時間未満という人は、全体では男性が7.5%、女性が9.2%で、40代では男性が11.3%、女性は10.6%でした。

 さらに、直近の1か月間に睡眠で休養が十分に取れたか尋ねたところ、「あまりとれていない」や「全くとれていない」と答えた人は、全体では20.2%にのぼり、40代では30.9%に達しました。

 休養が十分取れていないと答える人の割合は平成21年の調査以降、徐々に増えていて、厚生労働省は、「睡眠不足になると精神的な病気や肥満、それに高血圧などにつながるおそれがあり、働く時間を短くしたり家事を家族で分担したりして適切な睡眠時間を確保してほしい」と呼びかけています。
| 福祉・医療と教育 | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089590