<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ジェット気流 大蛇行」が豪雨や猛暑の原因 気象庁検討会 | main | 日航機墜落事故から33年 群馬 上野村で灯籠流し >>
人気猫カフェで相次ぐ感染死、実態は
 要するに管理体制がずさんだった様です。

◎人気の猫カフェで5匹ウイルス感染死のデタラメ告知に東京都が抗議 元スタッフが告発するずさん管理
 (8月10日 AERA.dot)

 スタイリッシュな雰囲気の店内で子猫との触れ合いを楽しめると人気の『猫カフェ MOCHA』が8月10日現在、関東で展開する約10店を一斉に臨時休業する事態に陥っている。

 立川店で感染症の一種、猫パルボウイルスに感染した猫5匹が相次いで死亡したことを8月2日、公式サイトで発表。その後、都内8店舗と神奈川県横浜市、埼玉県越谷市内の2店舗の計10店舗を一斉に臨時休業したが、いったい何が起きたのか。

 猫カフェMOCHAを運営するのは、株式会社ケイアイコーポレーション(本社・東京都港区赤坂)だ。同社が公式サイトで公表した「お詫びと関東全店舗臨時休業のお知らせ」によると、7月26日に立川店の2匹の猫にパルボウイルスの感染が確認され、同月27日、28日にも他の猫の同ウィルス感染が発覚し、8月1日までに、計で5匹の猫が同ウィルスに感染し、死亡する事態となった。

 ケルビル動物病院スタッフは、パルボウィルスをこう説明する。

 「感染力も強く、ワクチン未接種の場合、感染すれば致死率も高いですが、そこら中に蔓延しているウィルスではありません。感染しやすいのは、ワクチン未接種の幼猫及び高齢猫です。

 症状は、激しい下痢、嘔吐、発熱、食欲不振、脱水、意気消沈ですが、劇症化するまで症状が出ない場合もあります。一度でも接種していれば劇症化する事は稀で、適切な治療を受ければ命を落とすようなことは稀です」

 同社は公表した文書で猫パルボウィルス感染対策として
・全猫に対して生後2か月から4か月の間に2回ワクチン接種、
・上記に加え、毎年1度のワクチン接種、
・毎日の清掃時に消毒液を散布
・ご来店いただいたお客様には手指の消毒を行っていただく、
・提携獣医師による1店舗につき週1回の回診
を行っていたと主張している。

 だが、猫カフェMOCHA元スタッフのAさんはこう告発する。

 「ウイルス感染については仕方ないこともある。しかし、ワクチンを打ち抗体ができるまで他の猫と接触させない、常日頃から消毒清掃を行うなど、注意をすれば防げることを怠った。そして何より、ウイルス感染の疑いがあれば、その子を隔離する、発症したらその事実を公表する、感染が拡大しないように営業を自粛する、そういった当たり前の判断を下さなかった点が大きな問題です。社長は病気が発見されても営業自粛など頭になかったでしょうね。立川を臨時休業した当日もかなり渋々で翌日にはオープンさせるつもりだったようです」

 同社の岩崎康二社長はお詫び文書で
<誰にも負けない愛情をもって全ての猫に接してまいりました>
とも記している。

 だが、元スタッフのAさんは働くうちに社長や同社の猫の管理体制に疑問をもったという。

 「全国各地のブリーダーから頭数を揃えるのがとにかく大変そうでした。新店舗オープンも社員への告知は2〜3ヶ月前です。今回は6月に横浜、7月に立川、8月に銀座と立て続けのオープンにも関わらず、告知されたのは4月か5月頃でした。とにかく猫を死にものぐるいで集めるしかなかったと思います」(Aさん)

 銀座店はまだ準備中だが、Aさんによると、岩崎社長の指示により、こうした無謀な猫集め計画が急きょ、持ち上がった。本来ならば、慎重に進めるべきことを無理やり急ピッチで進めたという。

 「コスト重視で違法スレスレな低賃金でスタッフを働かせていました。アルバイトは残業代や有給がなく、各種社会保険にも入れません。社長に気に入られない社員は、ボーナス0円ということもあります。募集では年収例で400万円と謳っていますが、掲載時、そのような実例はありませんでした。(解雇の)告知期間の定めを無視してクビにすることもありました」(同前)

 猫カフェMOCHAの子猫は、各店舗の都合で移動させられ、3歳の誕生日を迎えた翌月に「卒業」となり、店から出すルールとなっているという。

 しかし、貰い手がいない場合、そのまま店に置いていたという。

 「保健所に連れて行くというデマがネットに流れていますが、それはありえません。里親は基本的に、社内から公募制で、特に審査はありません。社内で見つからなかった場合は告知を出し、応募者と面接しますが、証明書などをとることなく、簡単な口頭でのやりとりのみで、変な人に貰われないか心配です」

 同店の猫の管理体制もずさんだったと訴える。

 「投薬、治療など出来る限りのことは行なっていましたが、多頭飼のため薬もあっという間になくなり、足りなくなることもしばしばありました。また、猫部屋に隔離用の部屋がないため、有事の際にはスタッフが自宅預かりを行なっていました。そうでもしなければ、他の猫に感染してしまいますから」

 同社が公表した文書では
<5匹以外には同ウィルス陽性と診断された猫はいませんが、獣医師の診断及び指導の下、少しでも体調に異変等のみられる猫については病院等で治療を行っているほか、それ以外の同店の猫全頭を、隔離施設に収容しています。また、清掃業者により店舗の徹底洗浄・消毒を行います>
と記されている。

 また、営業再開について
<猫パルボウィルスの潜伏期間も鑑み、8月8日頃を目途に同ウィルス感染の有無につき全頭検査を実施し、全頭につき健康であることの確認ができましたら、東京都動物愛護相談センターにも安全確認を得た上で、営業を再開する予定>
と記しているが、10日現在、都内の店舗は休業中のままだ。

 同社に取材を申し込むと、「担当者が不在で、いつ戻るかわかりません。折り返しのお電話もできません」と対応しないの一点張り。岩崎社長のツイッターも削除されていた。

 文中にある東京都動物愛護相談センターは本誌の取材に対し、こう明かした。

 「個別案件については、答えることはできませんが、現在、ケイアイコーポレーションが公表した文書に、削除要請をしています。

 <安全確認をした上で>という話はございませんし、<営業を再開する>のは、事業者の判断ですので、私たちとは一切関係ございません」

 再度、ケイアイコーポレーションに東京都動物愛護相談センターの抗議について問い合わせると、人事総務担当者がこう答えた。

 「社内で確認しまして、センターの要望通り、公表した文書を変更し、再度アップいたします。現在、ウイルス感染の有無について、関東の子猫の全頭検査を実施しており、検査が終わるのは1週間以上かかるため、少なくとも1週間以上はお店の再開はできません。また、検査が終わったからといって再開するわけではなく、お客様の安全・安心な状況が確保されるまで、獣医や動物愛護センターにもチェックいただくなど、総合的に判断して、再開を目指しています」

 臨時休業中の間、猫たちは安心して眠れているだろうか。不安は募るばかりだ。(本誌 田中将介)

 ※週刊朝日オンライン限定記事
| 福祉・医療と教育 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089455