<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NHK世論調査 内閣支持・不支持とも41% | main | NHK世論調査 死刑制度は存続58% 廃止7% >>
台風13号 東日本に接近 大雨のおそれ

 強い台風13号は、小笠原諸島の北東の海上を北寄りに進み、8日、伊豆諸島に近づいたあと、9日にかけて東日本の太平洋側に接近するおそれがあります。

 台風の接近前から前線の活動が活発になるため、関東甲信を中心に7日昼すぎから激しい雨が降り、その後も降り続いて大雨となるおそれがあり、大雨や暴風、高波などに警戒が必要です。

 気象庁の観測によりますと、強い台風13号は7日午前6時には、小笠原諸島の父島の北北東420キロの海上を1時間に20キロの速さで北北西へ進んでいます。

 中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径100キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

 台風は暴風域を伴いながらこのあとも北寄りに進み、8日には強い勢力を保ったまま、伊豆諸島に近づいたあと、9日にかけて東日本の太平洋側にかなり接近するおそれがあります。

 停滞する前線の活動が活発になるため、関東甲信を中心に、台風が接近する前の7日昼すぎから、局地的に雷を伴って激しい雨が降り、その後、台風周辺の雨雲がかかる8日から9日にかけては、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り続いて、大雨となるおそれがあります。

 8日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、関東甲信と東北で80ミリと予想され、さらに、8日朝から9日朝にかけての24時間には、関東で200ミリから300ミリ、東北で150ミリから200ミリ、伊豆諸島と甲信地方で100ミリから200ミリの雨が予想されています。

 台風の接近に伴って伊豆諸島や関東では風が強まり、8日にかけての最大風速は伊豆諸島で30メートル、関東で25メートルで、最大瞬間風速は45メートルに達すると予想されています。

 海上は波が高く、8日にかけての波の高さは関東で10メートルの猛烈なしけになり、伊豆諸島と東北で8メートル、東海で7メートルの大しけが予想されています。

 さらに今は、1年で最も潮位が高い時期で、高潮が起こりやすくなっています。

 気象庁は、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫、それに暴風、高波、高潮に警戒し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。
| 雑感 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089438