<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 12星座ありなし調査【行列に並ぶ編】 | main | 2018年、73回目の「原爆の日」 >>
きょうも猛暑続く 39度前後のところも 熱中症に厳重警戒
 東日本と西日本を中心に連日、猛暑が続き、6日も広い範囲で35度以上の猛暑日が予想され、名古屋市で39度など、ところによって危険な暑さになる見込みです。熱中症に引き続き厳重な警戒が必要です。

 気象庁によりますと、東日本と西日本を中心に、広い範囲で連日、猛烈な暑さになっていて、5日の最高気温は、名古屋市で39度9分、岐阜県郡上市八幡で39度7分、京都市で39度5分などと、40度近くに達し、全国にある気象庁の256の観測点で猛暑日となり、ことし最も多くなりました。

 6日も猛烈な暑さが続き、日中の最高気温は、名古屋市で39度、岐阜市と甲府市で38度と危険な暑さが予想されているほか、さいたま市、埼玉県熊谷市、長野県飯田市、浜松市、京都市、津市、高松市、山口市、大分県日田市、佐賀市などで37度、前橋市、大阪市、和歌山市、岡山市、徳島市、大分市、熊本市などで36度、東京都心と横浜市、福岡市、松山市、高知市などで35度と、広い範囲で猛暑日が予想されています。

 連日、各地で命に関わる危険な暑さが続いていて、熱中症とみられる症状で病院に搬送され死亡する人も相次いでいます。

 日中の運動は控えるほか、室内ではためらわずに冷房を使い、こまめに水分を補給して塩分も不足しないようにするなど、引き続き熱中症に厳重に警戒してください。

 特に豪雨の被災地では、環境の変化や疲れで熱中症の危険性が高まっているため、十分な対策をとってください。
| 雑感 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089433