<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 技術革新は働き方を変える 経済財政白書 | main | 気管カニューレ 看護師の再挿入を制限する教育委員会が複数 >>
あすも危険な暑さ 39度超予想も 熱中症に厳重警戒
 4日も西日本から東日本を中心に晴れて気温が上がり、各地で38度を超える猛烈な暑さになりました。

 5日も気温が上がって所によって最高気温が39度と危険な暑さになる見込みで、引き続き熱中症に厳重な警戒が必要です。

 気象庁によりますと、4日も西日本から東日本を中心に強い日ざしが照りつけ、気温が上がりました。

 日中の最高気温は岐阜県美濃市で38度7分、兵庫県宍粟市で38度5分、岐阜市で38度ちょうどとなったほか、京都市で37度7分、名古屋市で37度4分、大阪市で37度1分、広島市で36度5分などと各地で35度以上の猛暑日となりました。

 先月の西日本を中心とした豪雨の被災地やその周辺でも気温が上がり、岡山県高梁市で38度3分、広島市三入で36度9分、愛媛県大洲市で35度5分などとなりました。

 5日も西日本から東日本を中心に気温が上がり、日中の最高気温は名古屋市、岐阜市、京都市、甲府市、埼玉県熊谷市で39度、岡山市、前橋市、大分県日田市で38度、奈良市と高松市、山口市で37度、大阪市や広島市で36度、東京都心、松山市で35度などと予想されています。

 連日、各地で危険な暑さになり、熱中症とみられる症状で病院に搬送され死亡する人も相次いでいます。

 日中の運動は控えるほか、室内ではためらわずに冷房を使い、こまめに水分を補給して塩分も不足しないようにするなど、引き続き熱中症に厳重に警戒してください。

 特に豪雨の被災地では環境の変化や疲れで熱中症の危険性が高まっているため、十分な対策をとってください。
| 雑感 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089429