<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< なぜ人は「動物の変なしぐさ」に癒やされるか? | main | 長嶋一茂「天然ボケ」の裏には >>
猛烈な暑さ 日本海側中心に39度超える 熱中症に十分注意を
 台風12号周辺の南からの暖かな風の影響で、29日は東日本の日本海側を中心に最高気温が39度を超えるなど猛烈な暑さになっているところがあります。気象庁は熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

 気象庁によりますと、29日は東日本と北日本の日本海側では、台風12号周辺の南寄りの風が山を越えて暖かい風となって吹き降ろすフェーン現象が起き、各地で気温が上がっています。

 午後2時までの最高気温は、新潟県の三条市と上越市大潟で39度5分、福井県坂井市春江で39度ちょうどまで上がり、このうち新潟県三条市や上越市大潟では、昭和53年に統計を取り始めて以来、最も高い気温を記録しました。

 また、石川県輪島市で37度9分、山形県鶴岡市鼠ヶ関で37度4分、秋田県五城目町で36度6分などと、広い範囲で猛暑日になっています。

 また、北海道でも強い日ざしが照りつけ、南から暖かい空気が流れ込んだため気温が上がり、午後2時までの最高気温は、北海道東川町で35度8分などと各地で35度を超える猛暑日になっています。

 気象庁は、北海道や東北、北陸それに近畿などに高温注意情報を出して、こまめに水分を取り、適切に冷房を使うなどして、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
| 雑感 | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089414