<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 巨人 山口俊がノーヒットノーラン 史上79人目 | main | 日大アメフト部が改善報告書を公表 外部からの監視体制作る >>
米4〜6月GDP速報値 プラス4.1% 目標上回る大幅な伸び
 アメリカのことし4月から6月までのGDP(国内総生産)の成長率の速報値が発表され、年率に換算した実質でプラス4.1%と、ほぼ4年ぶりの大幅な伸びとなりました。

 ただ、トランプ政権による各国を巻き込んだ貿易摩擦が激しくなっていることから、景気の先行きには警戒感が強まっています。

 アメリカ商務省が27日発表した、ことし4月から6月までのGDPの成長率の速報値は、年率に換算した実質で、前の3か月に比べてプラス4.1%となりました。

 これは、市場の予想とほぼ同じ水準で、2014年の7月から9月以来ほぼ4年ぶりの大幅な伸びとなり、アメリカ経済の拡大が続いていることを示す結果となりました。

 項目ごとに見ると、GDPのおよそ7割を占める個人消費はプラス4%、輸出はプラス9.3%と、前の3か月と比べて伸びが拡大しました。

 一方、企業の設備投資はプラス7.3%と、やや減速したほか、住宅投資はマイナス1.1%と2期連続のマイナスとなりました。

 アメリカ経済は、トランプ政権による大規模な減税などによって個人消費が伸びるなど成長が後押しされていて、今回、トランプ政権が目標としている3%の成長を上回りました。

 ただ、市場関係者の間では、トランプ政権による各国を巻き込んだ貿易摩擦が激しくなっていることから、個人消費や企業の設備投資が冷え込むおそれもあるとして、先行きには警戒感が強まっています。

◇トランプ大統領「1回限りの数字でない」
 アメリカのトランプ大統領は27日、ホワイトハウスで会見し、GDPが大幅な伸びとなったことについて、「さらに成長は加速していく。これは持続していくだろう。1回限りの数字ではない」と述べ、アメリカ経済の先行きに自信を示しました。
| 政策 | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089406