<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 特別警報すべて解除 引き続き厳重警戒呼びかけ | main | 豪雨被害 114人死亡 3人重体 61人不明 >>
日米韓 外相会談 北朝鮮の非核化へ緊密な連携を確認

 河野外務大臣は、非核化をめぐる北朝鮮との協議を終えて日本を訪れている、アメリカのポンペイオ国務長官と、韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相も交えて会談し、北朝鮮の完全な非核化と弾道ミサイルの廃棄に向けて引き続き3か国が緊密に連携していくことを確認しました。

 アメリカのポンペイオ国務長官は、7日までの2日間北朝鮮を訪問し、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の側近のキム・ヨンチョル副委員長と、北朝鮮の非核化をめぐって協議し、7日夜から、就任後初めて日本を訪れています。

 河野外務大臣は、8日朝、ポンペイオ長官とおよそ1時間会談したあと、午前11時前からは、韓国のカン・ギョンファ外相も交えて、日米韓3か国の外相会合に臨みました。

 会合は、およそ45分間にわたって行われ、ポンペイオ長官は、北朝鮮との協議の内容を説明し、非核化の進め方などで一定の進展があったという認識を示したうえで、日本の拉致問題を取り上げたことを明らかにしました。

 そのうえで、会合では、北朝鮮の完全で検証可能、かつ、不可逆的な非核化やあらゆる射程の弾道ミサイルの廃棄に向けて引き続き3か国が緊密に連携していくことを確認しました。

 河野外務大臣は、記者会見で、「日韓両国の外相で、ポンペイオ国務長官を最後の最後まで支持したい。これからも3か国の協力を強化して、北朝鮮の完全な非核化に向かっていくという、揺るぎない決意を再確認した。日本も、引き続き主要な役割を果たしていきたい。ポンペイオ長官から、北朝鮮に対し、拉致問題を提起してもらったことに感謝している。日本としては、米朝交渉が前に進むよう、国際社会と歩調をあわせて、国連安保理決議の制裁を履行できるようにしていきたい」と述べました。

◎日米韓外相、核・ミサイル廃棄へ連携強化=ポンペオ氏「制裁は継続」
 (2018年07月08日 13:00 時事通信社)

 河野太郎外相とポンペオ米国務長官、康京和韓国外相は8日、東京都内の外務省飯倉公館で会談した。

 ポンペオ氏が北朝鮮訪問の結果を報告。北朝鮮による核兵器など全ての大量破壊兵器や弾道ミサイルの「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄(CVID)」に向け、日米韓3カ国の連携を強化していく方針を確認した。

 ポンペオ氏は6、7両日に北朝鮮を訪問。金正恩朝鮮労働党委員長が約束した「完全な非核化」の具体的な進め方などを協議した。

 外相会談後の共同記者会見で、ポンペオ氏は「北朝鮮が完全な非核化を達成するまで制裁は継続する」と強調した。

 外相会談に先立ち、安倍晋三首相はポンペオ氏と首相官邸で会談。北朝鮮問題を含む2国間の連携強化などについて意見を交わした。首相は康氏とも会談した。

 日米韓外相会談は、6月12日の米朝首脳会談直後の同14日にソウルで開催されて以来。ポンペオ氏は国務長官就任後初めて来日した。 
| 政策 | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089345