<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 西野ジャパンの「GK交替論」 | main | 個人の金融資産1829兆円 過去最高に(3月末時点) >>
サッカーW杯 前回優勝のドイツが1次リーグ敗退
 サッカーワールドカップロシア大会の1次リーグ、グループFの第3戦、韓国対ドイツは、韓国が2対0で前回優勝のドイツを破りました。ドイツと韓国はどちらも1勝2敗で1次リーグ敗退となりました。

◎韓国が王者撃破!ドイツは最下位でW杯終了…前回王者が3大会連続グループ敗退
 (2018年06月28日 01:00 サッカーキング)

 2018FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が27日に行われ、韓国代表とドイツ代表が対戦した。

 2連敗でグループF最下位の韓国は勝利が絶対条件で、なおかつ同時刻の試合でスウェーデン代表がメキシコ代表に敗れると、突破の可能性が見えてくる。その場合、ドイツ、スウェーデンと勝ち点3で並ぶため、得失点差などの勝負となる。奇跡の突破をかけた大一番はエースのソン・フンミンやク・ジャチョル、Jリーガーのチャン・ヒョンスやチョン・ウヨンらが先発出場した。

 対する前回王者ドイツは初戦でまさかの黒星スタートを切ったが、第2戦ではスウェーデンに劇的勝利を収めて突破に希望をつないだ。今試合では2点差以上での勝利で突破が確定する。スタメンは第2戦でゴールを決めたマルコ・ロイスやトニ・クロースに加え、メスト・エジルとマッツ・フンメルスも復帰。第2戦で退場したジェローム・ボアテングは欠場でスタンド観戦となった。

 試合は開始19分、韓国がペナルティエリア手前でFKのチャンス。チョン・ウヨンが無回転シュートを放つと、名手マヌエル・ノイアーのファンブルを誘うが、こぼれ球はかき出されてゴールには結びつかず。ドイツは39分、右CKの流れからフンメルスが中央でボールを受けるが、混戦の中で押し込むことはできなかった。

 ドイツは後半に入って48分、レオン・ゴレツカがフリーで放ったヘディングシュートを放つが、GKチョ・ヒョヌの好セーブに阻まれる。58分にマリオ・ゴメス、63分にトーマス・ミュラーを入れて猛攻を仕掛けるが、幾度のチャンスを決め切れず。

 後半アディショナルタイム3分、韓国は左CKの流れでゴール前フリーのキム・ヨングォンが押し込みゴールネットを揺らす。一時はオフサイドをとられたが、ビデオ判定の結果、ゴールが認められ、韓国が土壇場で先制。さらに3分後にもカウンターから、ソン・フンミンが無人のゴールに流し込み勝負あり。

 韓国が2−0で勝利。王者ドイツは最終戦で敗れ、グループステージ敗退が決まった。

 3年連続で王者がグループステージ敗退となった。2010年の南アフリカW杯では、2006年ドイツW杯の王者イタリア代表が2分1敗で1勝もできないまま敗退。2014年のブラジルW杯は南アフリカ大会の王者スペイン代表が1勝2分のグループ3位で大会を後にしていた。

 なお、2002年の日韓W杯でも、1998年に母国で優勝したフランス代表が1分2敗で敗退しており、王者のグループステージ敗退はここ5大会で4度目となった。

【スコア】
韓国代表 2−0 ドイツ代表

【得点者】
 1−0 90+3分 キム・ヨングォン(韓国)
 2−0 90+6分 ソン・フンミン(韓国)
| 雑感 | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089304