<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サンドウィッチマン歴史的快挙の秘密 | main | 「民泊新法」あす施行 届け出れば誰でも民泊営業可能に >>
レスリング パワハラ認定の栄氏 「心からおわび」と謝罪
 レスリングの伊調馨選手などに対してパワーハラスメントを行っていたと認定された日本レスリング協会の栄和人常務理事が、問題の発覚以降、初めて公の場に姿を見せ、「心からおわびしたい」と謝罪しました。

 日本レスリング協会元強化本部長の栄常務理事は、伊調選手や指導していたコーチに対しパワハラを行っていたと認定され、レスリング協会が常務理事の役職の解任を今月23日の評議員会に諮ることを決めています。

 栄常務理事は、この問題が発覚した直後のことし3月以降、公の場に姿を見せていませんでしたが、14日、東京都内で始まった全日本選抜選手権の会場を訪れました。

 栄常務理事は報道陣の取材に応じ、「パワハラと認定されたことを真摯に受け止め、伊調選手やコーチ、応援して頂いた国民の皆様に心からおわびしたい。二度とこのようなことを起こさないよう常に他人に敬意を持ち、指導者として日々、精進していきたい」と神妙な面持ちで謝罪しました。

 パワハラと認定された事実については、「どのようなことを言ったのか覚えていない。コミュニケーション不足がこうした事態を招いたと深く反省している」と説明しました。

 伊調選手などに対し直接の謝罪は行っていないということで、「直接会って謝罪したい。この大会期間中にタイミングが合えば会えると聞いている」と話しました。

 栄常務理事は、愛知県大府市にある至学館大学の監督を務め、監督を続けるかどうかについて、「大学にもオリンピックを目指す選手がいる。選手が望むのであれば、どういう形で携わるのがいいかをゆっくり考えたい」と述べるにとどまりました。
| 事件・事故 | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089237